hotobori「メモリーセブン」
再生

ブラウザーで視聴する

hotobori「メモリーセブン」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

hotobori「メモリーセブン」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
hotobori「メモリーセブン」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
hotobori「メモリーセブン」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
hotobori「メモリーセブン」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

hotobori「メモリーセブン」

hotobori「メモリーセブン」

"hotobori"の2作目となる配信限定シングル。 明るく軽快なビートに乗るピアノやクランチギターが一見爽快さを感じさせるが、それに反した歌詞とメロディは晩秋の哀愁をも漂わせる。 キリンジや山下達郎などのAORに影響を受けたこの曲は、最後まで優しい歌声を続けているが、そこで紡がれる言葉は厳しく、ポップさの中に「もう戻らなくてもいい」という覚悟のようなものを感じさせる。 日没の頃にドライブしながら聴いてほしい一曲。

再生時間
00:04:34
配信期間
未定
タイトル情報
hotobori
羽田野元彦(Vo,Gt)、所澤誠(Key.)、石川達也(Ba.)、タネダミツアキ(Dr.) 前身バンド"ごっこ"は2017年に活動を休止。 約3年の潜伏期間を経て、2020年8月、"hotobori"を改めて結成し、活動を再開した。 「心にグッと、グッドミュージック。」をキャッチコピーに掲げ、"hotobori"というバンド名には「聞いた後に何か残り火のようなものが残る音楽を作っていきたい」という思いが込められている。 都会的な音の中に、ノスタルジーな温もりを感じさせる。