Miya「Re : So What」
再生

ブラウザーで視聴する

Miya「Re : So What」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Miya「Re : So What」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Miya「Re : So What」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Miya「Re : So What」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Miya「Re : So What」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Miya「Re : So What」

「Re : So What」のミュージックビデオを配信開始!

再生時間
00:04:02
配信期間
未定
タイトル情報
Miya
フルート奏者・音楽家。ジャズと即興の手法を通して、 ものごとや世界の境界に存在する中間的な空間を探検する。 日本人の父とイギリス人の母の間に生まれ、東京を拠点にヨーロッパ、アジアなど国際的に活動。 山下洋輔をプロデューサーに迎えた「Miya's Book」などこれまでに4枚のアルバムをリリース。 2015年、植村昌弘(ds)、ナスノミツル(b)らと山下洋輔をフィーチャーしたユニット 「Axis Mundi」を始動した。2010年にロンドンにて作曲をJonathan Cole 氏に学ぶとともに、 ロンドンを中心にヨーロッパの即興シーンで活動し、 各地でのインプロバイザーズオーケストラに参加した経験を元に、 日本で本格的な即興オーケストラの立ち上げに関わり指揮した。 そこから派生した「Benedict/Miya+7Maestoros」によるライブアルバムを2018年に発売。 書道家・白石雪妃とのユニット「直書観音」など ジャンルを超えた、 アートとの連携にも力を入れており、 写真家、ダンサー、美術家、ヨーガ講師など共演は多岐にわたる。 2019年より音づくりにエフェクタやシンセサイザーなどの電子的なアプローチを取り入れ、 瀬戸内国際芸術祭にも参加、活動の場をノイズ即興などにも広げている。 2016年 福島県南相馬市江井地区に伝わる民俗神楽の復興を手がけ、 2018年より一噌幸弘に能管を師事する。 その後、雅楽にも取り組み、龍笛、大和笛も演奏。 2021年 江井神楽の神楽師 [ 宝玉宮 ] としての活動を開始。
GYAO! 広告

映像一覧