天官賜福 第十二話 花香る夜語り
再生

ブラウザーで視聴する

天官賜福 第十二話 花香る夜語り

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

天官賜福 第十二話 花香る夜語り

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
天官賜福 第十二話 花香る夜語り

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
天官賜福 第十二話 花香る夜語り

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
天官賜福 第十二話 花香る夜語り

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

天官賜福 第十二話 花香る夜語り

天官賜福 第十二話 花香る夜語り

まで

菩薺観に戻ってきた謝憐と三郎。二人で天界や鬼界の話に花を咲かせる。すると壺に収めていた半月が目を覚まし、外の星空を見つめる。半月は裴宿の行く末を心配し、半月国の城門を開けてからのやりきれない気持ちを吐露する。慰めようとする謝憐に半月は、昔、花将軍が語っていた若い頃の夢を口にする。それを聞いた謝憐は若き日の自分の言葉に気恥ずかしくなり、かつてある人物にもバカげた言葉をかけたことを三郎に伝えるのだった。

再生時間
00:23:39
配信期間
タイトル情報
天官賜福
ある日、謝憐はガラクタ集めの帰り道で、“三郎(サンラン)”と名乗る不思議な少年と出会う―
仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は天賦の才を持ち、人々を救うことを志して修行を積み、飛昇し武神となった。しかし彼は二度も天界から追放されてしまう。そして800年。謝憐は三度目の飛昇を果たした。しかし“三界の笑い者”といわれる彼に祈りを捧げる者は今やどこにもいない。謝憐は功徳を集めるべく、人々の住む下界に降りてこつこつとガラクタ集めをしながら、神官として出直すのであった。ある日、謝憐はガラクタ集めの帰り道で、“三郎(サンラン)”と名乗る不思議な少年と出会う―
更新予定
水 12:00