警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

警視庁・捜査一課長 2020 第12話 2020年7月30日放送分

まで

【毎週木曜 よる8時00分放送】 不動産会社の社長・鮫島俊三(井上肇)が、社長室で頭から血を流して死んでいるのが見つかった。臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、近くのショップ店員・牛田モウ(ねお)から、死亡推定時刻の午後1時ごろ、現場のビルのほうからヤギの鳴き声が聞こえたという証言を得る。彼女は1週間前にも同じようにヤギの声を聞いたと話すが、現場は都会のど真ん中で、近くにヤギがいるとは到底思えなかった。 社員によると、殺された鮫島は社内はもちろん取引先にも理不尽な要求をすることが多く、担当者も頻繁に替わっていたという。彼らから、最近、鮫島のもとに出入りしていた広告会社の営業担当・八木歩美(柳生みゆ)の名を聞いた現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、名字に引っかけて彼女が鮫島から“ヤギ”の鳴きまねを強要されたのではとにらむ。

再生時間
00:42:50
配信期間
タイトル情報
警視庁・捜査一課長 2020
ヒラから成り上がった最強の刑事!
「被害者の無念を晴らすため、一刻も早くホシを挙げる!」 あの熱き刑事たちがパワーアップして帰ってくる! 捜査一課長・大岩純一による魂の訓示を胸に、 約400名の捜査員たちが、一斉に東京全土を駆け巡る…! おなじみ“一斉大捜査”も魅せます!! シリーズならではの面白さを全力追求! 『警視庁・捜査一課長2020』ではミステリーファンをうならせる巧みな展開はもちろん、毎回好評を博している<視聴者が知って得する東京最新情報><東京の知られざる新名所>もストーリーに盛り込み、ほかの刑事ドラマにはない独自の魅力をさらに発信していきます。 そして、クライマックスで大岩一課長が発する“捜査員への魂の訓示”や刑事たちが総出で繰り広げる“東京一斉大捜査”など、このシリーズならではの醍醐味も、多彩なストーリーとともにお届け! 妻・小春(床嶋佳子)や愛猫・ビビとの日常生活から大岩が事件のヒントを見つけ出していくなど、おなじみの展開も随所に組み入れていきます。
更新予定
木 20:57

映像一覧