86―エイティシックス― #04 本当の名前を
再生

ブラウザーで視聴する

86―エイティシックス― #04 本当の名前を

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

86―エイティシックス― #04 本当の名前を

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
86―エイティシックス― #04 本当の名前を

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
86―エイティシックス― #04 本当の名前を

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
86―エイティシックス― #04 本当の名前を

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

86―エイティシックス― #04 本当の名前を

86―エイティシックス― #04 本当の名前を

まで

レーナから発せられた、スピアヘッド戦隊の戦死者を悼む言葉。その言葉が引き金となり、セオは今まで心の奥に潜めていた怒りをレーナへとぶつける。ライデンに宥められ、落ち着きを取り戻すセオだったが、彼だけでなく他の隊員もそれぞれレーナに対する嫌悪感や怒りを滲ませていた。常に死と隣り合わせの世界で暮らすスピアヘッド戦隊には、カイエ亡き後も変わらずいつもの日常が流れていく。そのなかでセオはレーナとの一件を通じ、過去に出会ったとある人物に思いを巡らせるのだった。

再生時間
00:23:40
配信期間
タイトル情報
86―エイティシックス―
少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に。
ギアーデ帝国が開発した完全自律無人戦闘機械〈レギオン〉の侵攻に対応すべく、その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械〈ジャガーノート〉。だが、無人機とは名ばかりであり、そこには“人”として認められていない者たち――エイティシックス――が搭乗し、道具のように扱われていたのである。エイティシックスで編成された部隊〈スピアヘッド〉の隊長である少年・シンは、ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。そこに新たな指揮管制官〈ハンドラー〉として、共和国軍人のエリート・レーナが着任する。彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、“人型の豚”として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、将来を嘱望されるエリートの才女。決して交わることがなかったはずのふたりが、激しい戦いの中で未来を見る――。
更新予定
日 00:00

次の映像

GYAO! 広告

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

86-エイティシックス-
86-エイティシックス-
ストアでまとめて配信中!