魔法使い黎明期 第6話「無知の知」
再生

ブラウザーで視聴する

魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

魔法使い黎明期 第6話「無知の知」

まで

実習先で試験に見事合格したセービル、ホルト、クドー。泥闇の魔女ことゼロの指導の下、改めて特別実習をスタートさせる。新たな課題は魔法を使った仕事で村に貢献すること。ホルトは便利屋を開業し、クドーは診療所で働く一方、魔力を供給する仕事を始めたセービルだったが、店に引き籠りがちになってしまう。その状況を心配したロスは、用事を頼みなんとかセービルを外出させるが……。

再生時間
00:24:10
配信期間
タイトル情報
魔法使い黎明期
僕は、思い出せずにいる。自分が一体、何者なのか――。
魔法学校の生徒セービルは、入学以前の記憶がない。自分がなぜここにいるかもわからないまま過ごす学校生活はどこか空虚で、努力の方法もわからないまま、成績は常に最下位だ。そんなセービルに、魔法学校の学長・アルバスは、突如危険な特別実習を言い渡す。「魔女狩りのある地域で、魔法の有用性を広めてほしい」 魔女と教会の戦争が終結して数年―― 世界はまだ、魔女と魔法を完全に受け入れてはいなかった。 時は魔法使い黎明期 これは、何者でもない少年が、心に傷を隠した仲間たちと、自分を見つける物語。
更新予定
月 02:30
GYAO! 広告

映像一覧