証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話
再生

ブラウザーで視聴する

証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

証拠は語る~誰が母を殺したのか? 第4話

まで

エマから連絡を受けたマッキンヴェン警部補は、マリー殺害事件の証拠を押収するべくイジーの病院へ。イジーは問題となっているベッドの提供を拒むが、当時の薬物使用が罪に問われないと知り、渋々承諾する。エマは薬物の危険性を知り、スカイにクスリを摂取しないよう警告するが、スカイは聞く耳を持たない。一方、過失殺人容疑をかけられたダニエルは、新たな弁護士をつけて罪を償おうとするが、弁護士は父親を裏切って起訴の取り消しを求めるべきだと告げる。そんな中、ダニエルは父親のフィルをエマに紹介し、3人は和やかに食事をするのだが、思わぬ所で再会したエマとフィルの間に緊張が走る。

キャスト
モリー・ウィンザー ローラ・フレイザー ジェニファー・スペンス
スタッフ
製作総指揮:ニコラ・シンドラー/マーティン・ラクセン プロデューサー:ジュリエット・チャールズワース
再生時間
00:43:17
配信期間
タイトル情報
証拠は語る~誰が母を殺したのか?
英国推理作家協会賞(ゴールド・ダガー賞)受賞したスコットランドの推理作家ヴァル・マクダーミドの原案をドラマ化! 法医学・解剖学の研究所の若きアシスタント・エマが、母の死の謎に迫る!(全6話)
故郷のダンディーに戻り実験技師として科学捜査研究所で働き始めたエマ。教授が開設したオンライン講座を受講すると、架空の事件として紹介された事例がエマの母の身に起こった殺人事件と酷似していて衝撃を受ける。教授にそのことを伝えるがあくまで架空の事件だとして取り合ってもらえない。疑念を払拭できないまま、友達のスカイの母イジーのお見舞いに行く。久々にエマに会って喜ぶイジーだったが、彼女の口からエマの母の遺体は切断されて埋められていたという衝撃の事実を聞く。
更新予定
木 00:00
GYAO! 広告

映像一覧