若宮大起「フタリハナビ」
再生

ブラウザーで視聴する

若宮大起「フタリハナビ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

若宮大起「フタリハナビ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
若宮大起「フタリハナビ」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
若宮大起「フタリハナビ」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
若宮大起「フタリハナビ」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

若宮大起「フタリハナビ」

若宮大起「フタリハナビ」

若宮大起改名後の第1弾シングル。「フタリハナビ」は別れた恋人への想いを花火に込めた切なくも強い気持ちが表された楽曲。歌詞中に出てくる花火は別れた恋人のことを表しており、主人公の儚く散った一夏の恋と現在の心情が同時に描かれている。夏の終わりにぴったりのナンバーとなった。カップリング曲「Smile」はコロナ禍だからこそできることをとSNSにて歌詞を募集し、書き上げたSPな楽曲。LIVEでは欠かせない楽曲になりそうだ。

再生時間
00:02:50
配信期間
未定
タイトル情報
若宮大起
「心を温める音楽」を追求し、都内を中心に活動中。 歌手を目指し2013年12月に上京。作詞・作曲も手がけ、これまでに150回以上の路上LIVEを経験。バンド編成での箱LIVEも定期的に行なっている。メディアではオーディション番組の最終審査に残った経験を持つ。自身初のオリジナル楽曲「Martini-マティーニ-」が地上波TVのエンディングテーマにも起用される。2018年12月に自身初ワンマンライブを成功させ、2019年8月リリースワンマンライブは開催1ヶ月前にチケットSOLD OUT。同年に「〜The promise〜」を初のCDリリース。2020年3月「Sunshine」4月「LAST CALL」を、2ヶ月連続配信リリースし、同年8月にはアーティスト名を「若宮大起」に改名し、最新曲「フタリハナビ」をリリースするとともにMVも公開。楽曲は大手音楽アプリ、各サブスクリプションにて配信中。その後も精力的に活動中。
GYAO! 広告

映像一覧