オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り
再生

ブラウザーで視聴する

オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

オーブン不要!発酵不要!【フライパンで作れる簡単ピザ】おうちで手作り

GWいかがお過ごしでしょうか。例年だと旅行や帰省をされる方が多いGWですが、今年はおうち時間を過ごされていると思います。 家族でおうちにいる時間が長くなった今、おうち時間を楽しむ選択肢の1つに料理も加わったら嬉しいです。 今回は、家族で楽しめる「フライパンピザ」をご紹介します。「ピザ」と聞くと、オーブンが無いと作れないように思えますが、今回はオーブンが無くてもフライパン1つで作れるレシピとなっています。また、一般的なピザ生地は発酵時間も必要で、手間がかかるイメージですが…なんとこのレシピは発酵時間も不要です!お腹が空いているときに作りだしてもオッケー!待ち時間が短いです。 ピザ生地を手ごねし、お好みの具材をトッピングしてくださいね。ピザはトッピング次第で何通りも作れることができます。今回はスタンダードなトマトソースがベースのピザです。照り焼きチキン(焼き鳥缶もOK)とマヨネーズをのせたり、シーフードをのせたり、モッツァレラやバジルをのせたり…色んな種類のピザにアレンジしてみてくださいね。 【材料】2人前 26cm幅フライパン1回分 ■ピザ生地 (a)薄力粉 150g (a)ベーキングパウダー 小さじ1/2 (a)砂糖 小さじ1/2 (a)塩 小さじ1/4 (a)オリーブオイル 大1/2 ぬるま湯 80ml ■ピザの具材 トマトソース 120g ベーコン 50g コーン 50g マッシュルーム 30g にんじん千切り 20g ピーマン輪切り 1個分 玉ねぎスライス 1/2個分 ピザ用チーズ 50g 【作り方】 ① (a)をボウルに入れ、ぬるま湯を3回に分けて加えてその都度よく混ぜる ②ひとまとまりになったら3分程ボウルの中で捏ねる ③クッキングシートの上に、②の生地をフライパンのサイズに合わせて丸く麺棒で伸ばす ④クッキングシートごとフライパンにのせ、蓋をして弱火で5分加熱する ⑤蓋を開けたらピザの具材を全てトッピングし、更に蓋をしてチーズが溶けるまで弱火のまま加熱する 【ポイント】 ・ぬるま湯は40度くらいが目安です ・トマトソースは下記の量目を合わせて作ります。市販のトマトソースでも大丈夫です。 トマト缶 100g ケチャップ 大さじ1 砂糖 小さじ2 塩 1つまみ 黒こしょう 少々 ・最近パン作りをされる方が多いようで、ドライイーストがスーパーで入手しづらくなっています。今回はベーキングパウダーを使用しました。比較的入手しやすいです。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《蓋とセットの扱いやすいフライパン スーパーストーンバリアでつるつる加工》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gdmislla?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products   《買っておくと便利な業務用のシュレッドチーズ 北海道十勝のチーズ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4equ61lti?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《1つもっておくのをおすすめします!ピザカッター》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gqvt47tt?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会会長 白井ありさ

再生時間
00:01:22
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。