王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

王様のレストラン この店は最低だ 1995年4月19日放送分

まで

【2日に一話最新話更新!】 都内にあるフレンチレストラン「ベル・エキプ」。その店内でこの店のオーナーシェフが、静かに息を引き取った。その死から数週間後、若者の原田禄郎(筒井道隆)に続き、エレガントさを漂わせる千石武(松本幸四郎)が店を訪れ、隅のテーブルについた。 活気の感じられない店内。メートル・ドテル(食堂支配人)の梶原民夫(小野武彦)は、たばこをふかし、コミ(ウェイター)の和田一(伊藤俊人)やソムリエ・大庭金四郎(白井晃)も手持ちぶさたな様子。バーテンダーの三条政子(鈴木京香)は一応グラスを並べている。厨房でもシェフの磯野しずか(山口智子)、畠山秀忠(田口浩正)、パティシュ・稲毛成志(梶原善)らが気力なく、下準備をしている。 おどおどする禄郎に対し、料理やワインを臆するところなく、次々注文していく千石。ワインも「どこの棚にほこりを被っているはず」と事もなげに言い当ててしまい、「何者?」と支配人兼オーナーの水原範朝(西村雅彦)ら店の関係者は二人に探りを入れ始める。騒ぎ出した客を手際良く追い出す千石。 千石から水原が腹違いの兄だと聞かされ驚く禄郎。父の死で、店のオーナーになった禄郎は、千石の協力で店を再び一流店に盛り立てようと考えていた。「“ベル・エキプ”の意味は良き、友」。自分を納得させるよう話した千石は「君!支配人を呼んできてください。大至急」き然とした声を響かせた。

キャスト
松本幸四郎/筒井道隆/山口智子/鈴木京香/西村雅彦/小野武彦 ほか 語り:森本レオ
スタッフ
■企画:石原隆/齋藤秋水■脚本:三谷幸喜■音楽:服部隆之■監修:服部幸應■プロデュース:関口静夫■演出:鈴木雅之/河野圭太■制作:フジテレビ/共同テレビ
再生時間
00:46:30
配信期間
タイトル情報
王様のレストラン
三谷幸喜脚本、松本幸四郎ほか超豪華キャストによる大ヒット料理エンタテインメントドラマ。
人生に熱中したい。情熱を傾けたい。懸命に生きたい。ただきっかけがないだけ―― そんな風に考えていた若者たちの前に、揺るがぬ情熱と厳しいプロとしての生きざまを持つ一人の男が現れた。 千石武(松本幸四郎)、47歳。 千石は、有能なギャルソン。今は、給食センターで働いているが、若き日、フランスへ修行に出かけたこともあるという逸話の持ち主。頑固で厳格、プライドも高い。ギャルソンとしてその名を響かせたこともあったのだが、ある日その姿を消していた。 原田禄郎(筒井道隆)は、父親の死で突然、フレンチレストラン「ベル・エキプ」の若きオーナーになった。レストランにはシェフ・磯野しずか(山口智子)、バーテン・三条政子(鈴木京香)、禄郎とは腹違いの兄でオーナーの水原範朝(西村雅彦)ら若者たちが、なんとなく働いていた。 千石に触発された若者たちが倒れかけたレストラン再建を目指す、シニカルで痛快な人情いっぱいの人間ドラマが展開される。

次の映像

広告
広告

映像一覧