【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ
再生

ブラウザーで視聴する

【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

【YOGA TIME】体側を伸ばして脇腹引き締め!三角のポーズ

モデル・ヨガインストラクターの武田静加です。 はじめての方でも簡単に、おうちでもできるヨガをご紹介していきます。 ・活力アップ ・消化機能の改善 ・骨盤調整 ・体側伸ばし などに効果的な「三角のポーズ」。 体側を伸ばして活力アップ!腹筋も使いながらお腹を引き締めましょう! 外出自粛による運動不足解消や在宅テレワークのリフレッシュに、 適度な運動で身体を温めて、風邪やウイルスと戦う免疫力を高め、 おうち時間も有意義に過ごしましょう♪ . <三角のポーズ> 1.右足を外側に向けて足を大きく開き、左足は45~90度にします。 2.両手を広げて、手首の下に足首を置きます。 3.目線を右側に向けて下半身は動かさず、上半身のみ右にスライドします。 4.右手を下におろし、左手は上に伸ばして、目線は天井へ。 5.背筋を伸ばして、足の裏で床をしっかり踏み、上半身は上に引っ張られるように体勢を作り、5呼吸。 ※骨盤は床と平行にして、なるべく後ろに出ないように注意しましょう。 6.息を吸いながら身体を起こして、吐きながら手を下ろします。 7.反対側も同様に。 ※足幅を肩幅の1.5倍くらいにすると腹斜筋が伸ばしやすく、2~2.5倍くらいにすると足の後ろ側を伸ばせますよ。 ~順番に挑戦してみましょう~ 1.背筋をまっすぐに保って倒せるところでキープ。 2.柔らかい人は指先を床につけてもOK! 3.もっといける人は手のひらを全部床につけてもOK! 胸を開いて呼吸を深めながら、やる気スイッチ入れましょう! いいね&フォローよろしくお願いします。

再生時間
00:00:58
配信期間
未定
タイトル情報
武田静加
2008年より女性ファッション誌の専属モデルを務め、各種イメージモデル、カタログ、広告、ファッションショー、イベント、TVやMV、商品プロデュースまでその活動は多岐に渡る。モデル業の傍ら、ヨガインストラクター資格を取得。全国のイベント等にゲスト講師として出演し、ヨガレッスンやトークショーを行っている。また、自身主催のヨガイベント「静加ヨガ」を都内を中心に全国各地で開催するなど、インストラクターとしても精力的に活動している。