川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは
再生

ブラウザーで視聴する

川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

川名健太 水中カメラマンも一苦労して撮影できた水中サーフィン映像とは

低気圧のうねりでサイズアップした茅ヶ崎某所。 波のサイズとコンディションを見る限り、ランドショット(陸からの撮影)がベターではあるが水中からのショットを選択した。 足ヒレと重たいハウジング(カメラの防水ケース)を片手に沖へ向かう。 手前の波数が多く、横への流も激しい中やっとの思いで沖のポジションへ。 かなりヘビーなコンディションではあったがサーファーと数本コネクトすることができ無事に映像を収められたのだ。 冒頭の映像は波の手前でギリギリまで録画を試みたのでその後は波に激しく巻かれ水中を2・3回転するほどであったが、身を削って残せた映像はあとから見返してとても充実感があった。 Taishi Kume SUFER Taishi Kume 【 https://www.instagram.com/taishikume/ 】

再生時間
00:00:34
配信期間
未定
タイトル情報
川名健太
神奈川県鎌倉市生まれ。鎌倉市在住のフォトグラファー、ビデオグラファー。父親の影響で高校生からサーフィンを始める。その後、サーフィン関連の代理店、ファッション系PR会社にて勤務後フリーランスカメラマンとして活動を始め、サーフィン国際大会等のオフィシャルカメラマンやイベント、フェス、企業タイアップCMなど活動は多岐にわたる。カルチャーにとらわれない新しいスタイルの作品制作に励んでいる。