小島一晏「Silent Science in My World」
再生

ブラウザーで視聴する

小島一晏「Silent Science in My World」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

小島一晏「Silent Science in My World」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
小島一晏「Silent Science in My World」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
小島一晏「Silent Science in My World」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
小島一晏「Silent Science in My World」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

小島一晏「Silent Science in My World」

小島一晏「Silent Science in My World」

”科学がもたらす破壊と創造のエナジーを小島一晏の世界(音楽)で表現したい” ブレイクスルーを起こす力が、この歌には込められている。

再生時間
00:05:44
配信期間
未定
タイトル情報
小島一晏
大学卒業後「音楽で成功する」という無謀な夢を抱えて東京生活をスタート。ある時、友人に誘われて3週間インドを旅する。インドの旅は感動と衝撃の連続。見知らぬ旅人たちとの出会い・別れの美しさ・儚さにイアンはただただ心を奪われた。帰国後、サンクチュアリ出版で働き始める。ベンチャーな冒険者たちが集う全員20代の若き出版社。周りの刺激的な先輩たちに感化されてイアンは働き始めてから1年後、1000枚の自作CDと共に日本全国弾き語りの旅に出る。北は北海道、南は沖縄の47都道府県。2000年7月4日アメリカ独立宣言の日に旅立ち、2001年12月31日に旅を終える。主にヒッチハイク・野宿・路上弾き語りで生き抜くという映画のような非現実的体験をする。この体験によって潜在していた直感力が目覚めるも社会復帰に長い年月をかけることになる。その間イアンは細々と創作表現活動(路上&ライブハウスでのアコギ弾き語り・短編映画作り・自伝小説の執筆・クレパス画を描く)を続け、気付けば作品は300を超える。やがてイアンは一つのクレド(信条)を見つける。 【アート(創作表現)で世界中の人々の感度を1度上げよう】 感度とは感動の温度(イアンの造語)。それは活きる気力であり人生の価値そのもの。アートは人生の感度を上げる幸せの魔法である...このクレドを胸にイアンの創作表現活動は続く。
GYAO! 広告

映像一覧