【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法
再生

ブラウザーで視聴する

【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

【寄せ植え用の培養土選び】基礎知識がなくても『花・軽さ・酸度』で使い分ける方法

ガーデニング資格やスクールで学んだ基礎知識から、実践で学んだ花苗生産者の時の知恵を元に、専門用語をあまり使わずにまとめてみました。 今回使用した培養土は、あくまでも「良い」「悪い」を順位づけることではなく、培養土の基本の見分け方を知っていただくための動画です。 また、使用した培養土は、色々なメーカーさんの培養土がある中のほんの一部です。 私が寄せ植え教室で実際に推奨している培養土を含め、量販店さんで購入しているので、地域によって入手できない培養土もあると思います。 入手できない場合でも、「選び方」をご紹介しているので、そちらをご参考にしていただければと思います。 「Ph調整」(ペーハー)は、 一般的にもキッチン洗剤などで使用される「酸性」「中性」「アルカリ性」という聞き慣れた言葉なので、使用しています。 草花の寄せ植えは、特に原産国や育つ環境、成長スピードが違う植物を1つの容器に植え込むので、「アルカリ性」や「酸性」の用土の方が育つものも、厳密には一緒に植えている事もあります。 ですので、なるべく「中性」の培養土を使用するのが基本になります。 また、日本の雨は、弱酸性〜酸性気味なので、初めから酸性寄りの用土ですと成長しにくくなるので、アルカリ性気味の用土になっていることが多いです。 専門的には、ブレンドされている基本用土や改良用土には、酸性が強い用土も多いため、その比率が重要になります。 それを見分けるためには、「Ph」の表示が大切になり、初心者の方でも見分けられるのは、この数字になるので、 『Phの表示がある培養土を選ぶ』 ことが大切になります。 寄せ植えを楽しく育てるためにも、ぜひ表示の意味を知っていただけるともっと楽しいガーデニングライフが過ごせると思いますので、ぜひご参考にしてみてください。 【今回使用の培養土】 ・特選有機 花ごころ培養土 ・プレミアム かる〜い培養土 ・らくらくすくすく園芸の土 ・炭ダブル培養土 ・花野菜用かる〜い培養土 ・寄せ植え・菜園の土 ・繰り返し何度も使える培養土 ※他、動画内で写っているけど紹介されていないもの ・ハーブ・香草の土 ・かる〜い鉢底石 【使い分けのコツ】 ・草花の寄せ植えには、「花」「草花」と表示されている培養土を使用。 ・寄せ植えは移動する事も多いので、軽いものがオススメです。  ※ただし、軽すぎると保水力が弱い事もあるので、テラコッタやハンギング・リースなどの場合は、軽すぎないものがオススメです。 ・酸度が、「中性」のものを選ぶ。  ※基本的に「花」用は全て「中性」になっていますが、使い心地で酸性気味・アルカリ性気味をお選びください。 【植物の栄養】 培養土は、植物にとっての「ご飯」、肥料や農薬は「特効薬」、栄養剤は「栄養ドリンク」と使い分けるとわかりやすいと思います。 育てる環境や水やりのクセ、容器によっても成長度合いが変わりますので、ぜひこの基礎を元に、色々使ってみて自分にあった培養土を見つけてみてください。

再生時間
00:04:02
配信期間
未定
タイトル情報
寄せ植えチャンネル
寄せ植えデザイナーの西山恭枝です。寄せ植え講師として長くたくさんの方に教えている中で、多い悩みを元に簡単に解決できるような作り方をご紹介しています。コンテナガーデン、ハンギングバスケット、リースの植え方・デザインをお伝えします。手軽に楽しめるようにハンギングやリースも100均で手作りする方法もご紹介します。