同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

同期のサクラ #6 2019年11月13日放送分

まで

子会社に飛ばされ社会人6年目を迎えたサクラ(高畑充希)は、その信念に密かな迷いを抱き始めていた。一方サクラを気にかけつつも人事部で仕事と子育ての両立に追われるシングルマザーすみれ(相武紗季)。“女性研修セミナー”を任され、女性評論家の理不尽な要望に振り回される毎日を送っていた。そんな忖度する母の姿に、すみれの娘・つくしはサクラに「大人になるって大変?」と聞くが、答えられないサクラだった。

再生時間
00:51:24
配信期間
タイトル情報
同期のサクラ
まっすぐすぎて傷だらけ だけどサクラは今日も咲く。
北の小さな離島から、1人上京した主人公、サクラ。大手ゼネコンの入社式で、「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!」と社長に宣言。夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。しかし、配属に影響する大事な新人研修で、社長の理不尽な言動に、サクラの「忖度できない」性格が、思わぬ事態を引き起こす…。これは、どんな逆境にも自分を貫いたサクラと、その同期たちの10年間の記録―。
更新予定
水 23:00
広告

映像一覧