「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん
再生

ブラウザーで視聴する

「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

「サバの味噌煮」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

嫁の美味しい笑顔を見るために、日々なにをつくろうかなぁと考えて料理をしています。 *** 和食の大定番「サバの味噌煮」を作ってみたいと思います。 我が家では、味噌をブレンドして使います。こうすることで味に深みが出ておいしく仕上がります。 地域によって使う味噌はかなり変わってくるので、家庭によってお好みの組み合わせを探してみてください。 *** <材料> さばの切り身 4切 Aすり下ろし生姜 大さじ2 A砂糖 大さじ2 Aみりん 大さじ3 A酒 100ml A水 200ml B白味噌 大さじ2 B米味噌 大さじ2 B甜麺醤 小さじ2 <作り方> 1. ボウルにさばの切り身を入れて、熱湯をかけて霜降りをし、臭みの原因になる血合いやぬめりを洗い落とす。 2. Aを鍋に入れて、沸騰させる。沸騰したら❶を入れて一煮立ちさせ、悪が浮いてくるので掬い取る 3. Bを全てボウルに合わせて、❷の煮汁をお玉一杯分加えてのばし、❷に加え全体に行き渡るように優しく溶かす。 4. 弱めの中火にして、落とし蓋をして15分ほど煮る <ワンポイント> 霜降りをして、血合いやぬめりと丁寧に取り除いておくと、魚臭くないサバの味噌煮が作れます。 中骨がついた切り身を使うと、出汁が出るので美味しさがアップします。

再生時間
00:01:44
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。