マルーン5「メモリーズ」
再生

ブラウザーで視聴する

マルーン5「メモリーズ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

マルーン5「メモリーズ」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
マルーン5「メモリーズ」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
マルーン5「メモリーズ」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
マルーン5「メモリーズ」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

マルーン5「メモリーズ」

マルーン5「メモリーズ」

今作はアカデミー賞撮影賞にもノミネートされた経験もあるジェフ・クローネンフェス(『ファイト・クラブ』『ソーシャル・ネットワーク』『ドラゴン・タトゥーの女』『ゴーン・ガール』などの撮影監督)が撮影ディレクターを務めている。バンドのフロントマンであるアダム・レヴィ―ンが切々と歌いあげる様をワンカメラの接写で捉えた、シンプルだからこそ歌詞が心に響くミュージック・ビデオとなっている。光と影の陰影が非常に印象的で、太陽が昇って落ちる時間の経過を表現している。ビデオの最後には「For Jordi(ジョーディのために)」と、マルーン5のメンバーが呼んでいたジョーダンのニックネームでこの曲が彼に捧げられたものだということがわかるメッセージが表示される。ジョーダン・フェルドスタインは2017年12月に血栓症により40歳という若さで急逝してしまった元マネージャー。

再生時間
00:03:14
配信期間
未定
タイトル情報
マルーン5
グラミー賞3度受賞のモンスター・バンド=マルーン5。ロサンゼルスにて当時中学生だったアダムとジェシーが音楽を一緒に始めたのをきっかけに、1994年〜2001年まで4人組バンドとしてKara’s Flowers(カーラズ・フラワーズ)名義で活動していたが、新たなメンバーを加え、5人編成となったのを機にマルーン5と改名。プロデューサーにマット・ウォレスを迎えたデビュー作『ソングス・アバウト・ジェーン』は驚異のロング・ヒット・アルバムとなり、2005年のグラミー賞/最優秀新人賞受賞を受賞。ここ日本では「シー・ウィル・ビィ・ラヴド」(ノエビアCF)、そして「サンデイ・モーニング」(トヨタ・ビッツCF)の2曲が立て続けにCMで使用され空前のヒットに。クリスティーナ・アギレラをフィーチャーした「ムーヴス・ライク・ジャガー」が全米シングルチャート4週連続1位を獲得する大ヒットに。2012年にリリースされたアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からも「ペイフォン」他、数々のヒットを量産。2013年には、ピープル誌が選ぶ「世界で最もセクシーな男性」にVo.のアダム・レヴィーンが選ばれる。2015年に発表したアルバム『V』では全米アルバム・チャート1位を獲得。名実共に全米のみならず世界トップ・クラスの人気を誇るバンド。