テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)
再生

ブラウザーで視聴する

テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

テツドラー田中 JR予土線四万十の旅(愛媛県・高知県)

JR予土線は高知県の土佐くろしお鉄道中村線の若井駅と、愛媛県にある予讃線の北宇和島駅とを結ぶ76.3キロのローカル線。運転系統上は、土讃線窪川駅と予讃線宇和島駅の間を走っている。高知県と愛媛県の県境を越える山岳路線で、車窓からは最後の清流といわれる四万十川やその支流の広見川に沿って走る絶景路線。車窓からはこの地方特有の沈下橋を眺めることもできる。運転本数はきわめて少なく、特に窪川~江川崎間を走る列車は1日4往復しかない。路線の活性化のため、予土線では、トロッコ列車「しまんトロッコ号」、0系新幹線を模した「鉄道ホビートレイン」、「海洋堂ホビートレイン(かっぱうようよ号)」の3つのユニークな列車を運行しており、これらを合わせて予土線3兄弟と呼んでいる。

再生時間
00:00:50
配信期間
未定
タイトル情報
テツドラー田中
1955年神戸市生まれ。本名は田中正恭(たなかまさやす)。甲南大学卒。神奈川県在住。生来の鉄道ファンを自認し、1981年国鉄全線、2000年国内鉄道全線走破のほか、シベリア、カナダ、オーストラリアの横断鉄道など、世界27カ国を鉄道旅行。主に鉄道関連の執筆活動を続けている。著書に『消えゆく鉄道の風景』『終着駅』(自由国民社)、『夜汽車の風景』『日本縦断客車鈍行の旅』(クラッセ)、『プロ野球と鉄道』(交通新聞社)などがある。TBS『マツコの知らない世界』、フジテレビ『極タウン』、文化放送『くにまるジャパン極』等にゲスト出演。雑誌寄稿多数。その他、離島めぐり、プロ野球観戦、地酒、エスニック料理など多趣味な人生を送る。