セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分
再生

ブラウザーで視聴する

セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

セブンルール #215 内気だった少女が、自由奔放芸人「バービー」になったワケ 2021/09/21放送分

まで

今回の主人公は、お笑いコンビ“フォーリンラブ”のバービー。芸人として活躍する一方で、多方面で才能を発揮。執筆活動やコメンテーター、下着のプロデュース業も行っている。さらに、自身の地元の地域再生に努めるなど、実業家としての顔も併せ持つ。 大学卒業後、テレビの放送作家を目指して養成所の門を叩いたが、周りから勧められ芸人の道へ。その後、イモトアヤコとコンビを組むも芽は出ず、表舞台から退くことも考えた。そんな時に現在の相方・ハジメに声を掛けられ“フォーリンラブ”を結成。「笑いのセンスもないし、むちゃくちゃする選択肢しかなかった」と当時の苦悩も語る。 幅広い現場で活躍する彼女の7ルールとは?

キャスト
青木崇高 尾崎世界観(クリープハイプ) 長濱ねる 本谷有希子 YOU 今週の主人公:バービー
スタッフ
プロデューサー:松本彩夏 プロデューサー:三方祐人 演出:斉田泰伸 監修:長島翔
再生時間
00:22:55
配信期間
タイトル情報
セブンルール
「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を手掛かりにその素顔を映し出す新感覚ドキュメント。
各分野で輝きを放つテレビにはなかなか出ない女性たちに密着。スタジオではYOU、俳優・青木崇高、芥川賞作家・本谷有希子、4人組バンド「クリープハイプ」のフロントマン・尾崎世界観と、元欅坂46の長濱ねるの5人が、予測不能な自然体トークを展開。
更新予定
水 00:00

映像一覧

GYAO!ストア(有料)