スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」
再生

ブラウザーで視聴する

スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

スズキ サトシ「ハイロウズを聴かせて」

2021年10月に2ndアルバムをリリースしたが、間髪入れず制作されたシングル『ハイロウズを聴かせて』。 アルバムは全体的に暗い曲調であったが、本作は原点回帰とも言うべきロックンロールな曲となっている。 タイトルから察せられるようにハイロウズが重要なモチーフとなっており、「バームクーヘン」という具体的な名称も歌詞に登場。 そしてハイロウズ自体が、影響を受けた音楽からのオマージュが非常に多いバンドであったのは周知の事だろう。 その点が本作に盛り込まれ、まさにオマージュのオマージュとも言うべきアレンジが随所に散見されるのがニクイ演出。 甲本ヒロト・真島昌利のファンなら思わずニヤッとするようなフレーズが満載であり、是非スズキサトシ氏のファンで無くとも聴いて貰いたい一曲だ。 筆者も本作を聴き、忘れかけていた「ロックへの純粋な興奮」というものを思い起し感傷に浸った次第である。 流行の音楽とはかけ離れているが、改めてロックンロールの良さを感じさせてくれる曲であると言えよう。

再生時間
00:08:25
配信期間
未定
タイトル情報
スズキ サトシ
秋田県出身のソロミュージシャン。多数の楽器を自身で演奏するマルチプレイヤーである他、エンジニアリングまで自身で手掛けるDIYなスタンスで活動を行っている。制作活動に重きを置いて活動しており、20年12月に1stアルバム『季節を透いて見る旧時』・21年10月に2nd『アトピーのうた』をリリース。ポップでキャッチーなロックンロール曲を嚆矢として、近年は実験的要素を含んだ楽曲を発表するなど、音楽的思考に変化が見られつつある。
GYAO! 広告

映像一覧