ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 2020年3月12日放送分

まで

【毎週木曜 よる9時00分放送】 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

再生時間
00:44:46
配信期間
タイトル情報
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
刑事ドラマの、その先へ。
『ケイジとケンジ』は桐谷演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる横浜地方検察庁の検事・真島修平の異色バディが紡ぐ物語。仲井戸は今という時代に重視されるコンプライアンスなんて「?」状態で、「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる男。一方、真島は「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える男です。そんな“ツッコミどころだらけの発展途上”な2人は共に、“個々の正義感”をたぎらせながら数々の事件に立ち向かうことに…!

映像一覧

GYAO!ストア(有料)

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

ストア(有料) で作品をまとめて配信中!