#197『信州はちみつ王国を探る』
再生

ブラウザーで視聴する

#197『信州はちみつ王国を探る』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

#197『信州はちみつ王国を探る』

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
#197『信州はちみつ王国を探る』

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
#197『信州はちみつ王国を探る』

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
#197『信州はちみつ王国を探る』

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

#197『信州はちみつ王国を探る』

#197『信州はちみつ王国を探る』

まで

長野県は蜂蜜生産量と蜂蜜の生産者数がともに全国1位です。今回の「いいね!信州スゴヂカラ」はベテランから若手まで、長野県で活躍する養蜂家たちのスゴヂカラに迫ります。 松代養蜂代表の依田清二さんは、北信地域の10数か所で蜂蜜を採る養蜂家です。長野市戸隠にある養蜂場での仕事ぶりを拝見させてもらいます。1つの巣箱に4万から5万匹ものセイヨウミツバチがいるとのこと。ハチは季節ごとの花の蜜を集め巣に持ち帰ります。集めた直後は糖度が低く、巣にいるハチが羽で蜜の水分を蒸発させ糖度を上げるのだそうです。そういった自然の仕組みと恵みを、今回、中野希友未アナウンサーが教えてもらいます。 全国的に養蜂業に携わる方はベテランが多い傾向がありますが、長野県ではここ最近、後継者になったり新規参入する若者が増えつつあるそうです。佐久市の浅間ガーデン養蜂場の小金沢裕之さんは、父親が副業としてやっていた養蜂を受け継ぎ、中学時代の同級生、長岡仁史さんとともに、蜂蜜生産に精を出しています。年齢は34歳。「50代でも若手といわれる養蜂業界にあっては確実に若手」と笑う二人は、“ある思い”を語ります。

再生時間
00:24:00
配信期間
タイトル情報
いいね!信州スゴヂカラ
abn長野朝日放送のアナウンサーが全力プレゼン! 信州(長野県)のスゴさ・底ヂカラを発掘! 日々取材に全力を注いでいるアナウンサーだからこそ知っている長野県の魅力(観光・自然・食・温泉・老舗など)!その秘密を解き明かします。