あんぽんたん。「光の歌」
再生

ブラウザーで視聴する

あんぽんたん。「光の歌」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

あんぽんたん。「光の歌」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
あんぽんたん。「光の歌」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
あんぽんたん。「光の歌」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
あんぽんたん。「光の歌」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

あんぽんたん。「光の歌」

あんぽんたん。「光の歌」

「光の歌」のミュージックビデオを配信開始!光が存在するところには必ず闇がある。 だが、眩しい光だけではなくて、 暗い闇にだって役割がある。 闇のない世界があるとするならば、 それはきっと、まっさらな「無」の空間なんだろうと思う。 とある漫画でもそんな話が登場するけれど、 天国でも地獄でもない、 そんな「無の世界」を想像してみると、ちょっと恐ろしくなる。 まだ闇があったほうが、きっと幸せなのではないか。 闇があるからこそ、光は輝いて見える。 恵まれない境遇や、 どうしようもなく辛い出来事、 耐えがたい痛みや痒み、全身倦怠感、 あるいは避けられない人間関係の悩み、 闘いなくはないのに衝突せざるを得ない敵、 どうしてこんなに苦しまなければならないのか? とやるせない想いに苛まれてしまうこともあるだろう。 そんなときにこそ、この曲は光を放つ。 この曲を聴いて、六等星のような微かな光でもいいから、一瞬の笑顔を見せて欲しい。 あなたの見せてくれる微かな光は、 他の誰かにとっての一等星になるかもしれないのだから。

再生時間
00:05:00
配信期間
未定
タイトル情報
あんぽんたん。
シンガーソングドクターの卵、医学生あんぽんたん。 自身の闘病生活中、絶望の中で降り注いで来た旋律に歌詞を吹き込んだ。 「音楽は命を救う。  僕は助けられた。  次は、僕が助ける番だ。」
GYAO! 広告

映像一覧