あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

あなたには渡さない 第六話 2018年12月15日放送分

あと5日まで

【毎週土曜 よる11時15分放送】 旬平(萩原聖人)が突然いなくなってから1年半。料亭『花ずみ』本店の調理を矢場(青柳翔)が務め、新たに始めた支店の銀座店は多衣(水野美紀)が女将として仕切っていた。そんな中、多衣の体調の変化にいち早く気付いた通子(木村佳乃)は、彼女に妊娠しているのではないかと詰問。すると多衣は口を開き――。

再生時間
00:40:02
配信期間
番組情報
あなたには渡さない
40代の男女が繰り広げる濃厚な激しく濃厚なラブ・サスペンス。 料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)と結婚し、20年間、家庭を守ってきた専業主婦の上島通子(木村佳乃)。そんな彼女の前に突然“旬平の愛人”と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れ、こう告げます。 「ご主人をいただきにまいりました」 多衣から夫の署名入りの離婚届を突きつけられた通子は、料亭が倒産寸前であることなど、思いもよらなかった事実を次々に突きつけられることに。どん底の思いを味わう通子は、それでも持ち前の勝ち気で前向きな性格から、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらうことを提案。自らが女将となって料亭を立て直すことを決意します…!

映像一覧