私たち、家族です ~My Unfamiliar Family~

  • ドラマ韓流
  • 2020
  • 韓国

“私たち、少し微妙な関係ですか?”

タイトル紹介

平凡な家族に隠されたそれぞれの“言えなかった秘め事”と、その真実を暖かい目線で描き、共感と感動、そして大きな反響を呼んだウェルメイド ヒューマン・ラブドラマ! ★誰よりも近い関係だが、他人よりも遠い存在、“家族“。誰もが持っている家族間の誤解と傷と愛をリアルかつ愉快に描き、大反響を呼んだ秀作! 一見平凡な家族に隠された秘密と誤解。記憶喪失、出生の秘密、不倫、隠し子、離婚、バイセクシャルなど、受け入れがたい“真実”・・・私たちの家族間の姿をリアルかつ暖かい目線で感動的に描き、ウェルメイドの“マクチャン”ホームドラマと絶賛された秀作。“家族なのに何も知らない”ということを伝えると共に、知っていることはあまりないけれど、“それでも家族”というメッセージを絶妙な世界観で伝え、視聴者に感動と共感を与えてくれる。さらに、キム・ジソクがキム家の秘密を知り、第三者目線で家族に介入していき諭す場面も見どころの一つ。 ★後から気付く男友達との恋心?新しく訪れた恋?それぞれの想いが交差する!ハン・イェリ×キム・ジソク×シン・ドンウクの三角関係が胸キュン心をくすぐる! 大学時代からの友達で、ウニ(ハン・イェリ扮)のよき理解者チャニョク(キム・ジソク扮)と、アメリカから帰国したウニの会社の副代表ゴンジュ(シン・ドンウク扮)との間で展開される三角関係は胸キュン間違いなし!お互い気付かないようにしてたウニとチャニョクの恋心と、長年付き合ったゴンジュの彼女とウニの関係性からも目が離せない。 ★「恋愛ワードを入力してください~search WWW~」、「空から降る一億の星」の共同演出を務めたクォン・ヨンイル監督と、絶大な人気を集めた「となりの美男<イケメン>」の脚本を手掛けたキム・ウンジョン作家がタッグを組んだ渾身の一作!「愛の不時着」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」など多くの大ヒット作を手掛けた信頼度NO.1のSTUDIO DRAGONが制作を務める! ★演技派ベテランキャストが大集合!本当の家族のようなリアルで共感できる演技が最高のみどころ! 物語をリードするのは、2021年アカデミー賞を受賞した映画『ミナリ』に出演している実力派女優ハン・イェリ。兄弟の真ん中で生まれ、配慮するのが日常の、ポジティブマインドな次女役を務める。そんな彼女と家族のような“ナムサチン(男友達)”関係にはキム・ジソク、常に冷静な現実主義者の長女にはチュ・ジャヒョンがキャスティング。その他、父親役にはチョン・ジニョン、母親役にはウォン・ミギョン、最後に末っ子役にはシン・ジェハがリアルな家族模様を披露している。

あらすじ

家族との間に距離を感じていたトラック運転手の父サンシク(チョン・ジニョン)が趣味の登山に朝から出かけた日、ずっと家事をこなしてきた母ジンスク(ウォン・ミギョン)は、長女のウンジュ(チュ・ジャヒョン)と次女のウニ(ハン・イェリ)、末っ子のジウ(シン・ジェハ)に“卒婚”すると爆弾発言をする。母親の決定に子供達は混乱を隠せない。一方、出版社の仕事でめい想院を訪れたウニは、5年前にウニの彼氏が浮気していたことを知っていながらも教えてくれず絶交したチャニョクと再会し、謝り再び友達に戻ることに。登山に行ったきり連絡が取れないサンシクを心配した家族は行方不明届を出し、山で倒れて病院に運ばれた父に会いに行くが、そこには22歳の記憶のままの父サンシクがいて…。

映像一覧

お得なパック一覧

キャスト

キム・ウニ
ハン・イェリ
パク・チャニョク
キム・ジソク
キム・ウンジュ
チュ・ジャヒョン
キム・サンシク
チョン・ジニョン
イ・ジンスク
ウォン・ミギョン
キム・ジウ
シン・ジェハ
イム・ゴンジュ
シン・ドンウク

スタッフ

脚本
キム・ウンジョン
演出
クォン・ヨンイル

タイトル情報

ジャンル
ドラマ韓国ドラマ
韓流
作品タイプ
恋愛・ラブストーリー
ホームドラマ
製作年
製作国
韓国
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す