コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語 シリーズ3

コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語 シリーズ3

  • ドラマ
  • 2013
  • イギリス

ジェニファー・ワースによる自伝ベストセラーを映像化! イギリスで1,000万人が泣いて笑った、感動のハートウォーミング物語の第3シリーズ。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は8日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

1950年代、ようやく医療制度が整い、貧しい人たちがその恩恵にあずかり始めたイギリス。しかし、ロンドンのイースト・エンドで、避妊など知らず、欲望のまま妊娠してしまう貧しい人々が暮らしていた。そんな妊婦たちの強い味方は、看護師や助産師の資格を持つ、”ノンナートゥス・ハウス”の修道女(シスター)とそこで働くナースたち。 ある日、その”ノンナートゥス・ハウス”にひとり看護師が着任する。彼女の名はジェニー。着任早々、街の劣悪な環境に強いショックを受けるが、新しい生命誕生の感動や、貧しくともたくましく、そして楽しく生きる人々との温かな交流から、”助産婦”という仕事へ生きがいを見つけていく・・・。 主人公ジェニファー役には英国王立演劇学校出身のジェシカ・レイン。ジェニファー自身の回想ナレーションは、アカデミー賞受賞名女優ヴァネッサ・レッドグレーヴなど、派手なキャスティングではないが、実力を持った役者を布陣。さらに、50年代のロンドンの下町をリアルに再現したセットは、アメリカでの放送時、手厳しい批評家たちが絶賛するなどBBCならではの丁寧な映像作りも健在。ドリズ・デイの”ケ・セラ・セラ”をはじめ、挿入される当時の名曲たちも、作品の雰囲気を盛り上げる。 毎回、様々な出来事や事件に遭遇しながら、強く、たくましくなっていく”助産婦(ナース)”たちに思わずエールを送りたくなる、これぞ”細腕助産婦奮闘記”!

あらすじ

1950年代、ロンドンの貧民街で奮闘する助産婦を描いたドラマの第3シーズン。ノンナートゥス・ハウスは新しくなったが、シスターとシーラの間のわだかまりはいまだに残っていた。また、トリクシーはみんなのリーダーとなったジェニーの昇進が面白くなかった。一方ジェニーは、何もかもを凌駕する新しい生命の誕生と親しい人の死を見つめ続け、ある決心をする。

映像一覧

お得なパック一覧

キャスト

ジェシカ・レイン
ジェニー・アガター
ミランダ・ハート

スタッフ

製作
ヒュー・ウォーレン
製作総指揮
ピッパ・ハリス、ヘイディ・トーマス
脚本
ヘイディ・トーマス

タイトル情報

ジャンル
ドラマ海外ドラマ
作品タイプ
社会派
製作年
製作国
イギリス
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)CTM Productions Ltd. 2013

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す