春雷('13年雪組・バウ・千秋楽)

春雷('13年雪組・バウ・千秋楽)

  • 趣味・その他
  • 2013
  • 日本

ゲーテの代表作「若きウェルテルの悩み」を軸に、ゲーテ自身が生きる道標を見つけるまでをドラマティックに描く。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

ゲーテの代表作「若きウェルテルの悩み」を軸に、ゲーテ自身が生きる道標を見つけるまでをドラマティックに描く。18世紀末、フランクフルト。法曹界での仕事も恋も上手くいかず、やり切れぬ思いを抱えたゲーテ(彩凪翔)が故郷に戻ってくる。懐かしい書斎を見渡した彼は、作家を夢見て心のままに書いていた頃に思いを馳せ、おもむろにペンを執った…。1771年、春の日差しに包まれたワールハイム。叔母の遺産整理のためにこの村へとやって来たウェルテル(彩凪・二役)は、ロッテ(大湖せしる)と出会い、薔薇の花のような汚れを知らぬ美しさに心惹かれる。ロッテの館で開かれたダンスパーティで、二人のダンスは周囲が思わず踊りを止めてしまうほど息の合ったものだった。見つめ合う二人の様子に「アルベルト(鳳翔大)さんのことを忘れては駄目よ」と村の娘たちがロッテを冷やかす。判事の娘であるロッテには、名門の出で弁護士のアルベルトという婚約者がいたのだ。ロッテは父親の立場と妹たちの将来を守るために彼との結婚を承諾していた…。 ~ゲーテ作「若きウェルテルの悩み」より~

映像一覧