追憶のバルセロナ('19年宙組・全国・千秋楽)

追憶のバルセロナ('19年宙組・全国・千秋楽)

  • 趣味・その他
  • 2019
  • 日本

19世紀のスペイン動乱時代。貴族に生まれながら、戦いに敗れ一度はすべてを失った男が、再び立ち上がる過程で、新たな恋に巡りあい、祖国を守るという目的を見出していく。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

19世紀のスペイン動乱時代。貴族に生まれながら、戦いに敗れ一度はすべてを失った男が、再び立ち上がる過程で、新たな恋に巡りあい、祖国を守るという目的を見出していく。2002年に絵麻緒ゆうと紺野まひるを中心とした雪組で上演された作品の再演。バルセロナの街がカーニバルで賑わう頃、フランスがスペインに宣戦布告をする。その知らせを受けた有力貴族の長男フランシスコ(真風涼帆)は祖国を守るという使命感に燃え、婚約者セシリア(華妃まいあ)に別れを告げると、親友のアントニオ(芹香斗亜)と共に勇んで戦場へと向かう。だがスペイン軍の必死の抗戦も虚しく、フランス軍はピレネー山脈を越え、フランシスコは重傷を負ってしまう。瀕死の状態で倒れていたところをロマの青年ロベルト(桜木みなと)に助けられたフランシスコは、ロマの娘イサベル(星風まどか)の懸命な看病によって長い昏睡状態から目覚めるが、以前の記憶を全く失っていた…。

映像一覧