エリザベート-愛と死の輪舞-(’16年宙組・東京・千秋楽)

エリザベート-愛と死の輪舞-(’16年宙組・東京・千秋楽)

  • 趣味・その他
  • 2016
  • 日本

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚独自の装置、衣装、振付により宝塚版として、'96年雪組で世界各地での上演に先駆け日本初演。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚独自の装置、衣装、振付により宝塚版として、'96年雪組で世界各地での上演に先駆け日本初演。大好評を得、その後計8回公演を重ねてきた宝塚を代表するミュージカル。日本初演から20周年という、日本のミュージカル史に燦然と輝く不朽の名作に新たな歴史を刻む記念の公演。ルドルフ役が役替わりにて演じられたが、今回は桜木みなとが演じたヴァージョンをお届けします。物語はエリザベート暗殺犯ルキーニ(愛月ひかる)を狂言まわしに進行する。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(実咲凜音)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(朝夏まなと)は、彼女に命を返してやる。そして、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。ハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(真風涼帆)はエリザベートを見初め結婚する。しかし、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(純矢ちとせ)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼も味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ死へと誘惑する…。 

映像一覧

キャスト

朝夏まなと
実咲凜音
真風涼帆

スタッフ

脚本・歌詞
ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲
シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション
ウィーン劇場協会
潤色・演出
小池修一郎
演出
小柳奈穂子

タイトル情報

ジャンル
趣味・その他アート・芸術
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)宝塚歌劇団

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す