マチェーテ・キルズ

  • 映画
  • 2013
  • アメリカ

ヤバイ美女集結!なんとレディー・ガガも女優デビュー!

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

ヤバイ美女集結!なんとレディー・ガガも女優デビュー! 初の悪役メル・ギブソンVS大統領チャーリー・シーン おなじみキャラももちろん登場! 常識破りのアクション・エンタテインメント!!

見どころ

ロバート・ロドリゲス監督とダニー・トレホが鉈を振り回すヒーローを実現させるべく尽力し、『マチェーテ』(10)、そして続編『マチェーテ・キルズ』(13)が製作された。 『マチェーテ』が初めてスクリーンに登場したのは2007年。 ロドリゲス監督作とクエンティン・タランティーノ監督作の二本立て公開された『グラインドハウス』上映時に、実在しない映画の予告編が作られた。 このニセの予告編の脚本・監督を担当したのがロドリゲス監督だが、予告編製作のはるか前からマチェーテというキャラクターを胸に秘めていたのだ。 ロドリゲス監督がマチェーテをスクリーンに登場させる機会を得たのは、『グラインドハウス』の予告編についてタランティーノと話し合いをしているときだった。 そのころにはもう、ロドリゲス監督の頭のなかで、マチェーテの人物像が完全に出来上がっていた。 架空の本編を基にしたニセの予告編は目を見張るものがあり、ついに2010年、『マチェーテ』本編が製作されることとなった。 そして『マチェーテ』公開前の時点で、続編『マチェーテ・キルズ』のきっかけも生まれていた。 『マチェーテ』の仕上げにかかっていたロドリゲス監督は、エンディングにインパクトが欲しいと考えていた。 彼は言う。「マチェーテとジェシカ・アルバがバイクで走り去る。 いいエンディングだ。良いエンディングだけど何かが足りない。 何かガツンとくるものが欲しかったんだ。 それで、仕上げをしているときに、ニセの続編のタイトルをふたつ入れることにした。」 続編への言及は映画にスパイスを与えるための思いつきだったが、映画自体、あまりにクレイジーで刺激的な内容に大ヒット!となり、やがて誰もが続編製作を待ち望むようになっていった。 『マチェーテ』に対する観客の反応をみたロドリゲス監督は、ファンたちの期待に答えなければいけないと感じたという。 そして製作されたのが第2作にあたる本作『マチェーテ・キルズ』である。

映像一覧

Yahoo!映画 作品ユーザーレビュー

マチェーテ・キルズの総合評価

Yahoo!映画でレビューを投稿する

キャスト

ダニー・トレホ
ミシェル・ロドリゲス
ソフィア・ベルガラ
アンバー・ハード
カルロス・エステベス
レディー・ガガ
アントニオ・バンデラス
ジェシカ・アルバ
デミアン・ビチル
アレクサ・ヴェガ
ヴァネッサ・ハジェンズ
キューバ・グッディング・Jr
ウィリアム・サドラー
マルコ・サロール
メル・ギブソン

スタッフ

監督・原案・製作・撮影監督・編集・音楽
ロバート・ロドリゲス

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
アクション
製作年
製作国
アメリカ
年齢制限
R15+
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)2012 Vrelonovama LTD

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す