殺しが静かにやって来る<2K特別版>

殺しが静かにやって来る<2K特別版>

  • 映画
  • 1968
  • イタリア フランス

「続・荒野の用心棒」と並ぶコルブッチの代表作にして、マカロニ史上に残るカルト・ウェスタンが、最新2Kレストア本編で完全復活!!

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

「続・荒野の用心棒」(66)「豹/ジャガー」(68) 等で知られるマカロニウェスタンの巨匠セルジオ・コルブッチ監督の“ジャンゴ”と並ぶ代表作。 口のきけない主人公、白銀の舞台、黒人のヒロイン、官能ベッドシーン、モーゼル自動拳銃、そしてもはや本作の代名詞にもなっている非情のラスト─など、観る者の意表を突き続ける異色ウェスタン。「男と女」(66)の世界的ヒットで一躍国際スターの座を得たトランティニャンのもっとも活動的な時期の主演作だが、セリフの一切ない本作を自身のベスト作と語っている。しかしながら本作でトランティニャン以上に圧倒的な存在感を放っているのが敵役ロコを演じたクラウス・キンスキーだろう。その長い悪役キャリアの中でも本作の極悪非道ぶりは群を抜いており、ある意味この映画の真の主役は彼と言える。名匠エンニオ・モリコーネによる格調高いスコア、「殺しが静かにやって来る」という傑出した邦題も本作のカルト性を際立たせており、ジャンルを超えた映画ファンを今も魅了し続けている。

映像一覧

キャスト

サイレンス
ジャン=ルイ・トランティニャン
ロコ
クラウス・キンスキー
ポーリーン
ヴォネッタ・マギー
保安官
フランク・ウォルフ
ポリカット
ルイジ・ピスティッリ

スタッフ

監督・脚本
セルジオ・コルブッチ
脚本
ヴィットリアーノ・ペトリリ、マリオ・アメンドーラ、ブルーノ・コルブッチ
撮影
シルヴァーノ・イッポリティ
音楽
エンニオ・モリコーネ

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
歴史
アクション
製作年
製作国
イタリア
フランス
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)Adelphia/Les Films Corona/Beta Film 1968

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す