アルジェの戦い

アルジェの戦い

  • 映画
  • 1966
  • イタリア アルジェリア

製作から50年。20世紀を代表する、戦争映画の記念碑的傑作。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

製作から50年。20世紀を代表する、戦争映画の記念碑的傑作。

見どころ

1967年、日本を代表する映画雑誌「キネマ旬報」が例年発表する外国映画年間ベストテンにおいて『気狂いピエロ』(監督 ジャン=リュック・ゴダール)や『欲望』(監督 ミケランジェロ・アントニオーニ)といった名立たる傑作をものともせず圧倒的な差で第1位の栄冠を勝ちとった作品がある。それは1954年から1962年にかけてフランスの支配下にあるアルジェリアにおいて、フランス軍と抵抗組織の攻防を描いた『アルジェの戦い』である。監督はネオ・レアリズモの傑作『戦火のかなた』(監督 ロベルト・ロッセリーニ)に感銘を受け映画の世界へ足を踏みいれたジッロ・ポンテコルヴォ。ジャーナリスト出身の彼は映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現している。 イタリアが誇るマエストロ、エンニオ・モリコーネが緊張感あふれるスコアを提供し、アルジェリア市民8万人が撮影に協力。主要キャストには実戦経験者を含む、素人達が多数起用されている。戦車、武器類はアルジェリア軍より調達、フランス映画『望郷』の舞台となったカスバでオールロケを敢行、5年の歳月をかけて作られた本作。1966年ベネチア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を受賞した折には、当時現地入りしていたフランス代表団が“反仏映画”として反発し、映画監督フランソワ・トリュフォーを除いて全員が会場を退席したという衝撃的なエピソードが残っている。

映像一覧

キャスト

ジャン・マルタン
ヤセフ・サーディ
ブラヒム・ハギアグ

スタッフ

監督
ジッロ・ポンテコルヴォ
脚本
フランコ・ソリナス、ジッロ・ポンテコルヴォ
撮影
マルチェロ・ガッティ
音楽
エンニオ・モリコーネ

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
戦争
製作年
製作国
イタリア
アルジェリア
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)1966 Casbah Films,Inc. All rights reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す