イーちゃんの白い杖

イーちゃんの白い杖

  • 映画
  • 2018
  • 日本

全盲の姉と重度障がいの弟。互いの顔を見たことがない姉と弟。私たちはなぜ、生まれてきたのかー。ともに歩んだ20年。生きることに疲れた時…いつもそばには弟がいた。本当の幸せとは何なのかー

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

全盲の姉と重度障がいの弟。互いの顔を見たことがない姉と弟。私たちはなぜ、生まれてきたのかー。ともに歩んだ20年。生きることに疲れた時…いつもそばには弟がいた。本当の幸せとは何なのかー。この姉弟が、この家族が出した答えとは。想像を超える絆にあなたは思わず涙する。2019年度「児童福祉文化賞」受賞作。落語家・春風亭昇太が初めてドキュメンタリー映画のナレーションに挑戦した話題作でもある。障がい者の映画、とひと言では表現できない、新しい風が心を通り過ぎていく。

見どころ

「かわいそうな姿を撮って何になる」障がい者にカメラを向けることがタブーとされていた1998年。静岡県立静岡盲学校100周年のニュース取材中、目の前を駆け抜けていったのがイーちゃんです。「この子は新たな時代を切り開いてくれるかもしれない」直感とともに思わず声をかけました。飛びぬけた明るさ、感性豊かな受け答え。家族に無性に会いたくなりました。6人家族の小長谷家(こながやけ)。その明るさと強さに衝撃を受けました。そして、弟・息吹(いぶき)がいつ亡くなってもおかしくない重度の障がい児と知り、取材を決めました。あれから20年。唯織(いおり)と息吹はこの先どう生きるのか、生きやすい社会になるのか心配で、取材をやめられませんでした。私(=監督)自身、小4の時、父が口腔がんで突如、障がい者となり、変形した顔をさらしたくないと外出するのを拒むようになりました。生きることに疲れ「死にたい」と訴える日々。目を離すことができなくなりました。障がいを持つと敗北なのでしょうか。そんなはずはない。証明するために私は記者になりました。障がい児・医療的ケアが必要な子たちの教育、いじめ問題、障がい者雇用、旧優生保護法。日々のニュースで、障がい者が直面する課題を伝えることで、唯織と息吹を撮影し続けました。唯織が悩み「死にたい」とまで考え、夢を失った時。追い続けることで余計彼女を苦しめているんじゃないか、と悩みに悩みました。でも、ここでやめてはならない。父とイーちゃんが重なっていたのかもしれません。手術に堪え続ける息吹と父が重なっていたのかもしれません。その時です。2016年、神奈川県相模原市で重度障がい者を狙った殺人事件が発生、許せませんでした。唯織と息吹の生きざまを世に伝える、全国に、世界に伝えなければ、障がい者が胸を張って生きられない。そう思い、テレビ番組ではなく、映画化に踏み切りました。人は年をとれば目も悪くなり、歩くのも億劫になる…誰もが、障がい者になると私は思います。唯織も息吹も少し早かっただけ。人生の先輩です。2人が生きやすい社会は、私たち自身が生きやすい社会になるはずです。障がい者が隠れて生きる社会はやめにしたい。障がいがあろうがなかろうが、誰にも生まれてきた意味がある―この思いを込めました。

映像一覧

Yahoo!映画 作品ユーザーレビュー

キャスト

主人公
小長谷唯織
主人公の弟
小長谷息吹

スタッフ

監督
橋本真理子
プロデューサー
永井学
製作会社
テレビ静岡
音楽
川口カズヒロ
語り
春風亭昇太
撮影
杉本真弓

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
ドキュメンタリー
社会派・ヒューマン
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)テレビ静岡

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す