1916 自由をかけた戦い

1916 自由をかけた戦い

  • 映画
  • 2019
  • ポーランド

第一次世界大戦の最中、<祖国>と<自由>を求め、戦った男たちがいた…。本国ポーランドで大ヒットを記録した、アクション超大作!

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

第一次世界大戦の最中、<祖国>と<自由>を求め、戦った男たちがいた…。本国ポーランドで大ヒットを記録した、アクション超大作!

見どころ

第一次世界大戦が終結した1918年。123年の歳月を経て独立国家となったポーランド。初代ポーランド首相で軍を率いていたユゼフ・ピウスツキら実在の人物も登場し、フィクションとノンフィクションを織り交ぜながら、倍以上の兵力を持つロシア軍を相手に、<祖国>と<自由>のために命を懸けた兵士たちの活躍を描く。「数十年来のポーランド映画で最高の戦闘シーン」と言われるほど、ロシア軍との激しい戦いのシーンは必見。本編内では数十分のシーンに56日間を費やし、俳優とエキストラ、スタントマンなど550人以上が集結。当時の軍服のレプリカは280着を用意し、マンリッヒャーM1895、モシン・ナガンなど武器のレプリカを使用。220頭もの馬を使用した迫力のある騎馬戦や、塹壕戦などが撮影された。さらに、400キロ以上の火薬と2万リットル以上の液体燃料を使用して大規模な爆発シーンを再現。戦場のすさまじさが伝わる大迫力の戦闘シーンとなっている。本国ポーランドで50万人以上を動員し、社会現象を巻き起こした大ヒットした戦争アクションの超大作!

映像一覧

キャスト

ヴィエジャ
セバスティアン・ファビアンスキ
ピウスツキ
ヤン・フリッシュ
スタニスワフ
ミロスワフ・バカ
ズビグニェフ
ボリス・シィツ
オラ
ヴィクトリア・ヴォライスカ

スタッフ

監督
ダリウシュ・ガイェフスキ
プロデューサー
アダム・ブジョゾフスキ、マチェイ・パヴリツキ
脚本
ダリウシュ・ガイェフスキ、ミハウ・ゴジン、トマシュ・リシアック、マチェイ・パヴリツキ

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
アクション
製作年
製作国
ポーランド
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
2019 (C) MACIEJ PAWLICKI PICARESQUE, PPH POLCAR ANDRZEJ SENKOWSKI, WFDIF, FILMOTEKA NARODOWA - INSTYTUT AUDIOWIZUALNY, TELEWIZJA POLSKA S.A.

ジャンルから探す