母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

  • 映画
  • 2019
  • 日本

それくらい、愛してる。母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

それくらい、愛してる。母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。

見どころ

宮川サトシの大人気エッセイ漫画を『さよなら渓谷』『日日是好日』などで高い評価を得ている大森立嗣監督が映画化。主演には『愛しのアイリーン』「下町ロケット」などの話題作で、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田顕。母・明子には、黒澤明、今村昌平など数多くの名監督とタッグを組んできた倍賞美津子。サトシを支える恋人・真里にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」「まんぷく」の松下奈緒、父と兄には石橋蓮司、村上淳と日本映画界を代表する実力派キャストが集結!音楽は「あまちゃん」の大友良英が担当、主題歌「君の歌はワルツ」はBIGINが本作のために書き下ろし、作品を温かく包み込みます。

映像一覧

Yahoo!映画 作品ユーザーレビュー

Yahoo!映画 作品ユーザーレビューの総合評価

Yahoo!映画でレビューを投稿する

キャスト

宮川サトシ
安田顕
真里
松下奈緒
祐一
村上淳
利明
石橋蓮司
宮川明子
倍賞美津子

スタッフ

監督・脚本
大森立嗣
原作
宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)
音楽
大友良英

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
社会派・ヒューマン
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す