お知らせNHKオンデマンド作品のメンテナンスにつきまして
パビリオン山椒魚

パビリオン山椒魚

  • 映画
  • 2006
  • 日本

本物とか、偽物とか、どっちでもいいの。

タイトル紹介

本物とか、偽物とか、どっちでもいいの。

見どころ

観る者のハートによって、サラマンドル、いや、カメレオンのように変化する映画の登場だ。恋の盲目作用により人格まで新しくなる レントゲン技師・飛島芳一に扮するのは、日本映画を牽引するオダギリ ジョー。まともな女子高生・あづきを、香椎由宇が時に少女らしく、時に大人っぽく演じている。監督は、若き天才と称される冨永昌敬。本作が長編映画デビュー作となった。音楽は菊地成孔が担当。映像とあうんの呼吸のサウンドトラックをクリエイトした。 ジェット・コースター・ムービー、『パビリオン山椒魚』を鑑賞するな!体験せよ!

映像一覧

キャスト

飛島芳一
オダギリ ジョー
二宮あづき
香椎由宇
二宮四郎
高田純次
二宮アキノ
麻生祐未
香川守弘
光石研

スタッフ

監督
冨永昌敬 
プロデューサー
西ヶ谷寿一
脚本
冨永昌敬
音楽
菊地成孔

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) 2006 「パビリオン山椒魚」フィルムパートナーズ