坂道のアポロン

坂道のアポロン

  • 映画
  • 2018
  • 日本

一生ものの友達 一生ものの恋 ともに奏でた音楽 僕らの10年の物語 この友情に、恋に、音楽に、あなたは必ず涙する――

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

一生ものの友達 一生ものの恋 ともに奏でた音楽 僕らの10年の物語 この友情に、恋に、音楽に、あなたは必ず涙する――

見どころ

驚異の満足度95.1%! 初日出口調査調べで驚異の満足度95.1%、また大手映画レビューサイトFilmarksでも初日満足度ランキング第2位を飾る等高い評価を得ている。 知念侑李×中川大志×小松菜奈 人気・実力を兼ね備えたフレッシュなメインキャスト 主人公・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念侑李。薫と魂の片割れのような親友となる千太郎役に中川大志。薫に想われる、千太郎の幼馴染・律子役に小松菜奈。温かくも透明感のある存在感で、二人を見守る。 青春映画の名手・三木孝浩監督が描く必泣の感動作 メガホンをとったのは、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』、『僕等がいた』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)。 オール九州ロケを敢行、雄大な自然を背景に描かれる温かくも切ない青春模様とセッションシーンの躍動感を化学反応させ、唯一無二の感動作を作り上げた。 原作は、小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位の名作漫画 「月刊flowers」(小学館)にて連載され、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、および「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝いた小玉ユキによる伝説的コミック「坂道のアポロン」が満を持しての映画化!また、フジテレビ・ノイタミナ枠で放送されたアニメは、第16回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品に選ばれた。 ディーン・フジオカら豪華キャストが脇を固める 千太郎たちが憧れる大人の男性の魅力にあふれた淳一にはディーン・フジオカ、律子とジャズをこよなく愛する律子の父=勉には中村梅雀、その洗練された美しさに千太郎が一目惚れする百合香には真野恵里菜がそれぞれ扮している。また、山下容莉枝、SixTONES/ジャニーズJr. の松村北斗、野間口徹ら豪華実力派キャストが集結。 手元吹き替えなし!ジャズを奏でる圧巻の楽器演奏シーン 知念侑李、中川大志ともに演奏シーンはすべて代役を立てず自ら演奏!知念、中川は本作の出演にあたり、撮影の約8ヵ月前から楽器の猛特訓を重ね、その努力の結果として奇跡に近いセッションシーンを魅せた。 主題歌「坂道を上(のぼ)って」は小田和正による描き下ろし曲 原作者や監督の熱い思いを受け、まさに『坂道のアポロン』の世界観にふさわしい一曲として完成した、小田和正が歌う主題歌「坂道を上って」(アリオラジャパン)。温かくも切ない青春模様や迫力のセッションシーンとあわせ、さらに気持ちを盛り上げてくれる感動の主題歌!

映像一覧

キャスト

西見 薫
知念侑李
川渕千太郎
中川大志
迎 律子
小松菜奈
深堀百合香
真野恵里菜
迎 勉
中村梅雀
桂木淳一
ディーン・フジオカ
薫の伯母
山下容莉枝
松岡星児
松村北斗
千太郎の父
野間口 徹

スタッフ

監督
三木孝浩
原作
小玉ユキ『坂道のアポロン』(小学館「月刊flowers」FCα刊)
脚本
高橋 泉(※「高」は旧字)
音楽
鈴木正人
主題歌
「坂道を上って」小田和正(アリオラジャパン)
エグゼクティブプロデューサー
豊島雅郎、上田太地
プロデューサー
八尾香澄、田辺圭吾、岡本順哉
ラインプロデューサー
森 徹
音楽プロデューサー
安井 輝
撮影
小宮山充
照明
保坂 温
美術
花谷秀文
録音
矢野正人
編集
穗垣順之助
装飾
鈴木 仁
スタイリスト
望月 恵
ヘアメイクプランニング
池田真希
VFX
菅原悦史
音響効果
伊藤瑞樹
スクリプター
古保美友紀
助監督
成瀬朋一
制作担当
藤野尚美
製作幹事・製作・制作プロダクション・配給
アスミック・エース
製作幹事・製作・配給
東宝
製作
小学館、ジェイ・ストーム、C&Iエンタテインメント、KDDI、東急エージェンシー、GYAO、日本出版販売
制作プロダクショ
C&Iエンタテインメント

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
青春
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す