エンドレス・ポエトリー(R15版)

エンドレス・ポエトリー(R15版)

  • 映画
  • 2017
  • フランス

若者をも巻き込みブームを呼んだホドロフスキー監督の自伝的作品の続編

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

2014年に23年ぶりの新作『リアリティのダンス』が公開、来日イベントでは85歳とは思えないエネルギッシュな姿を見せ、往年のファンだけでなく若者をも巻き込みブームを呼んだホドロフスキー監督。本作『エンドレス・ポエトリー』は、『リアリティのダンス』の続編を望む世界中のファン約1万人からIndiegogo、Kickstarterといったクラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、まさに待望の新作となります。

見どころ

映画は前作『リアリティのダンス』のエンディングから始まります。故郷トコピージャから首都サンティアゴへと移り、様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが当時チリで出会った詩人、アーティスト、パフォーマーなど、アヴァンギャルドなカルチャー・シーンの人々との交流を、虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で描き、前作同様ホドロフスキーの長男であるブロンティス・ホドロフスキーがホドロフスキーの父親を、青年となったホドロフスキーを、末の息子であるアダン・ホドロフスキーが演じます。また、撮影監督は『恋する惑星』など、手持ちカメラの独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。ウォン・カーウァイをはじめ、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントなど様々な監督の作品に携わってきたドイルが、今回初めてホドロフスキー監督とタッグ組みました。

映像一覧

Yahoo!映画 作品ユーザーレビュー

エンドレス・ポエトリー(R15版)の総合評価

Yahoo!映画でレビューを投稿する

キャスト

アダン・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
ブロンティス・ホドロフスキー
レアンドロ・ターブ
イェレミアス・ハースコヴィッツ

スタッフ

監督・脚本
アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影
クリストファー・ドイル

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
社会派・ヒューマン
製作年
製作国
フランス
年齢制限
R15+
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(c) 2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す