嫌われ監察官 音無一六

  • ドラマ
  • 2022
  • 日本

どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く、あの“音無一六”が帰ってきます!

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

『警察の中の警察』の異名を持つ“監察官”。それは、警察官の職務及び、私生活に不正が無いかを調べる役職であり、警察官たちから、忌み嫌われる仕事。監察官でありながら捜査にも介入し、鋭い“観察眼”と“閃き”で、これまで難解な事件を解決へと導いてきたのが小日向文世演じる“音無一六”です。捜査現場を荒らされ怒り狂う刑事たちの猛抗議にもひるむことなく、己の正義を貫き、我が道を突き進みます。そんな一六の実の弟で、何故かいつも事件捜査に首を突っ込むタクシードライバーの“万丈二六”を演じるのは遠藤憲一。陽気で人情味にあふれる二六は、几帳面な一六とは顔も性格も全然似ておらず、ソリの合わない兄弟です。しかし、そんな2人のやりとりはどこか微笑ましさが感じられます。

あらすじ

『警察の中の警察』という異名を持つ“監察官”。警察内部のあらゆる不正を取り締まることが職務であり、警察官たちから最も忌み嫌われている役職。その中で、警察官のみならず、事件捜査も監察の対象にする一人の監察官が…。その人物こそ、“嫌われ監察官”こと音無一六(小日向文世)である。警視庁警務部長の千住遼子(田中美佐子)の指示のもと、自分の正義を貫き、どんなに嫌われようが職務を全うする音無一六が、鋭い“観察眼”と“閃き”で、数々の難事件に挑んで行く。

映像一覧

キャスト

小日向文世
遠藤憲一
古川雄輝
堀内敬子
石丸謙二郎
尾美としのり
小野武彦
田中美佐子

スタッフ

脚本
戸田山雅司、船橋勧
監督
倉貫健二郎(スパークル)、岡野宏信、副島宏司
主題歌
Anonymouz「カタシグレ」
チーフプロデューサー
濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー
祖父江里奈(テレビ東京)、倉貫健二郎(スパークル)、大高さえ子(スパークル)
製作
テレビ東京、スパークル
製作著作
テレビ東京、スパークル

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
サスペンス・ミステリー
警察・刑事
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)テレビ東京/スパークル

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す