トリシュナ Trishna

トリシュナ Trishna

  • 映画
  • 2011
  • イギリス

渇望する愛の落日

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は2日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

渇望する愛の落日

見どころ

本作品はウインターボトム監督が2004年に映画化を考えた。当時、『CODE46』という作品の撮影でラジャスタン州に滞在した時に、工業化、都市化するこの土地を眺め、トーマス・ハーディの『テス』をこの土地で撮影したいと直感した。 主役のトリシュナに扮するのはフリーダ・ピントは殆ど全てのシーンにて登場する。監督が「フリーダ以外には考えられなかった」というほどの熱の入れようで、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)で注目を集め、以降『ミラル』(10)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(11)『インターモルズ 神々の戦い』(11)にも出演し、本作品では外面的な美貌とは裏腹に繊細で壊れやすい内面を持つ女性を見事に演じている。 原作は文豪トーマス・ハーディの『テス』!! ウインターボトム監督にとって『トリシュナ』は、『日陰のふたり』(96)『めぐり逢う大地』(00)に続く3作目のハーディ文学の映画化である。中でもハーディの最高傑作との呼び声も高い「テス」を原作に、村落社会が次第に産業化によって近代化していく19世紀のインドを舞台にしている。「ハーディは主人公の内面を繊細に描きながら社会そのものも描き出す。主人公たちは社会に影響を受けながら運命に翻弄される。一般に思われているよりもハーディはかなり過激だ。そして何よりも素晴らしいストーリーテラーなのだ。」と監督自ら語る通り、ハーディの世界観を見事に再現。その圧巻の映像美にも注目。 「テス」は1979年に鬼才ロマン・ポランスキー監督よって映画化され、ナスターシャ・キンスキーが主人公テスを演じたことがある。同じ小説を原作にもつ二人の巨匠監督の違いにも是非注目してもらいたい。

映像一覧

キャスト

フリーダ・ピント
リズ・アーメッド
ロシャン・セス
ミート・ワシシュト
ハリシュ・カーナ

スタッフ

監督
マイケル・ウインターボトム
撮影カメラマン
マルセル・ザイスキンド
編集
マッグス・アーノルド
美術
デビット・ブライアン
衣装デザイン
ニハリカ・カーン
オリジナルスコア
梅林 茂
音楽
アミット・トリベディ
ラインプロデュサー
アリス・ドーソン
プロデュサー
メリッサ・パーメンター、マイケル・ウインターボトム

タイトル情報

ジャンル
映画洋画
作品タイプ
恋愛・ロマンス
製作年
製作国
イギリス
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C) The British Film Institute/Trishna Films Ltd 2011. All Rights Reserved.

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す