あかほり外道アワー らぶげ

あかほり外道アワー らぶげ

  • アニメ
  • 2005
  • 日本

「ドジ」と、「貧乏」と、「けなげ」であった。キラン☆

タイトル紹介

巨大な悪を求める、正義の味方『ラブフェロモン』。 強力な正義の味方との対決を夢見る、悪の組織『外道乙女隊』。 両者の軌跡はやがて交わり、そこに奇跡の物語が現出する! 二つの作品に込められたキーワード。 それは―― 『ドジ』と、『貧乏』と、『けなげ』であった。キラン☆

見どころ

★アニメと出演声優の究極のコラボレーション!★ 元々ラジオやイベントから発展した今作は、出演声優をもとにキャラクターデザイン&設定を制作!キャラ名と実際のお名前が微妙にリンクしていたり、キャラの顔もどことなく似ているような…気がしませんか?。 「ラブフェロモン」の清水愛さん、笹島かほるさんにはお笑いコンビ「らぶふぇろもん」の舞台衣装のデザインにも全面的にご協力をいただきました。 コスパさんによるらぶふぇろもん、外道乙女隊(魔法少女服)の衣装作成も制作! さらに出演声優の皆さんによるらぶげオリジナルグッズ制作! ラジオ、公式サイト、イベントを連動させた"らぶげ祭り"が行われていました。 ★画期的シリーズ構成!★ 「絶対正義ラブフェロモン」と「それゆけ!外道乙女隊」は、それぞれ独立した作品の2本立てでありながら、後に1本の作品に融合していく新機軸のシリーズ構成に挑戦! 例えば『ラブフェロ』内で街角を通行中のシーンのとき、反対側の歩道に『外道乙女隊』のキャラがいて、後半ではそちら側からのシーンが放送される。当然、反対側には前半のキャラたちが歩いている、といったことが起こります。 また、場合によってはほとんどラブフェロの回、逆にほとんど外道の回といった話数もあります。 既存の30分2本立てアニメの番組フォーマットとは一線を画す、画期的シリーズ構成を展開します。

あらすじ

【絶対正義ラブフェロモン】 時は現代。 売れないお笑いコンビ「ラブフェロモン」は、日々大スターになることを夢見ていた。 そんな二人には大きな切り札があった。実は、二人はもう一つの顔を持っていたのだ! それは……正義の味方(笑)! 「代々科学を利用し戦ってきた正義の味方の血を生かせば世界的に有名になれる!そうしたら、お笑いでブロードウェイに立つことも夢じゃない!」かくして、漫才活動のかたわら"正義の味方"をやり、世間に名前を売ろうとするラブフェロモン!しかし、二人の戦いはムチャクチャなものばっかり…。 自分たちで勝手に悪を決めつけ、「正義のためならなにをしてもいいのだぁ!(by良澄愛美)」という大義名分のもとに、暴れまくるのだが……。 【それゆけ!外道乙女隊】 五人姉妹の北華家。両親を早く亡くした北華家の代々の家業は『悪の組織』――の戦闘員。 だが姉妹は父が死に際に言った「娘たちよ、お前達はせめて怪人に…立派な悪に…」という遺言を胸に自らを"外道乙女隊"と名乗り、悪の道を突き進むことを決意する。 そんな姉妹にはある力が備わっていた。それは代々受け継がれた能力――『魔法』。「魔法を使い、悪の限りを尽くせば立派な悪になれるなず!」しかし、魔法をうまく使いこなせず、さらに根が真面目なため何をすれば「悪」になるのかよく理解していなかったりで……。 そんなとき、生粋の悪魔・アクマコと出会った外道乙女隊。悪を知り尽くすというアクマコの指示のもと、外道乙女隊は悪の魔法少女として、活躍する……ことができるのだろうか?

映像一覧

お得なパック一覧

キャスト

良澄愛美
清水愛
佐嶋薫子
笹島かほる
関智一
関智一
北華音子
榎本温子
北華妹香
門脇舞
北華翼
音宮つばさ
北華可菜子
近藤佳奈子
北華詩乃
廣田詩夢
アクマコ
松岡由貴

スタッフ

原作・シリーズ構成
あかほりさとる
監督
まついひとゆき
脚本
あかほりさとる、伊福部崇、赤尾でこ、長谷川勝己、平松正樹、花崎圭司
キャラクターデザイン
石野聡
コンセプトデザイン
斉藤久
美術監督
中村徹也
美術監督補
あくつみちよ
オーディオ演出
渡辺淳
カラーデザイン
堀尾桂子
企画文芸プロデュース
SATZ
アニメーション制作
RADIX
製作
らぶげ統合評議会

タイトル情報

ジャンル
アニメテレビアニメ
作品タイプ
ギャグ・コメディ
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)2005 らぶげ統合評議会

ジャンルから探す