超電磁マシーン ボルテスV

超電磁マシーン ボルテスV

  • アニメ
  • 1977
  • 日本

みなぎる超電磁! ブイ・トゥギャザー! レッツ・ボルトイン!!

タイトル紹介

みなぎる超電磁! ブイ・トゥギャザー! レッツ・ボルトイン!!

見どころ

超電磁ロボ コン・バトラーV』の後番組として放映の始まった本作は、前作以上に壮大な物語世界を持ち、SF大河ドラマとして尽きせぬ魅力を持つ傑作である。高度に完成されたシナリオ、敵役であるプリンス・ハイネルの魅力、そして衝撃的な最終回は、日本のみならず世界中で今も語り継ぐ者が多い。"天空剣Vの字斬り"として、巨大ロボットに初めて必殺技を使わせた作品としても知られている。

あらすじ

今、地球は史上最大の危機にさらされていた。プリンス・ハイネル率いる侵略軍が、宇宙の彼方にあるボアザン星から地球へと攻めてきたのだ。国防軍は壊滅的な打撃を受け、人類にはもはやなす術がないように思えた。しかし、侵略を予感していた剛博士たちは密かに対抗策を検討し、自分たちの手で超電磁マシーン・ボルテスVという最後の切り札を作り出していた。博士の息子たちを含む5人の若者が5体のマシンに搭乗すると、そのマシンが「レッツ・ボルトイン!」の掛け声と共に合体し、ボアザン星の刺客である獣士に立ち向かう巨大な戦士へと変わるのだ。5人を待ち受けているのは戦いだけではなかった。彼らの前には数奇な運命が横たわり、しかもプリンス・ハイネルとは不思議な因縁があったのである…。

映像一覧

お得なパック一覧

キャスト

剛健一
白石ゆきなが
岡めぐみ
上田みゆき
峰一平
曽我部和行
剛大次郎
玄田哲章
剛日吉
小原乃梨子
剛健太郎
二瓶秀雄
プリンス・ハイネル
市川治

スタッフ

企画
飯島敬
総監督
長浜忠夫
原作
八手三郎
キャラクター原案
聖悠紀
アニメーションキャラクター
佐々門信、金山明博
メカニック設計
メカマン
メカニック担当設計
スタジオぬえ
演出
横山裕一朗、寺田和男、とみの善幸(現:富野由悠季)、高橋資裕、山崎和夫、原田益次、四辻たかお
脚本
辻真先、田口章一、五武冬史、桜井正明、塚本裕美子
音楽
筒井広志

タイトル情報

ジャンル
アニメテレビアニメ
作品タイプ
ロボット
製作年
製作国
日本
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)東映

ジャンルから探す