じんじん

じんじん

  • 映画
  • 2013
  • 日本

「だいじょうぶだよ」と 絵本がいった

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

俳優大地康雄さんが出会った「絵本の里」の情景。 俳優の大地康雄さんが、前作「恋するトマト」の上映会で北海道を訪れた折に、初めて剣淵を訪れたのは数年前のことです。そこでは、広大な大地にしっかりと根を下ろし農作業に精を出す人々が、仕事の合い間をぬって「絵本の館」に顔を出し、子どもたちに読み聞かせをしていたのです。子どもたちは目を輝かせながら聞き入り、腹をかかえて笑い転げ、時には目にいっぱい涙を浮かべていました。窓の外に広がる青空と、緑の大地に吹き渡る風に見守られながら…。 大地さんは、この姿に触れ、身体が震えるほどの感動に包まれたのでした。 「この情景が語るものこそ、今、私たちが、この日本が語らなければならないものではないだろうか…」その想いは、多くの共感を集め、この映画製作プロジェクトへとつながりました。 絵本を真ん中に置きながら、人の優しさと親子の絆をテーマにした映画を届けたい。 2011年3月11日、東日本一帯を襲った大地震は日本に大きな試練を与えました。 尊い生命と、日常の生活を奪われ、夢や希望さえも見失いかけた時、日本の各地から、そして世界の多くの国々からも「支えあう心の優しさ」が被災地に届けられました。避難所に暮らす子どもたちのもとには、自然発生的に絵本が届けられ、読み聞かせのボランティアも被災地を訪れました。 それらの絵本と読み聞かせは、子どもたちの「心のよりどころ」となりました。 あらためて「絵本の力」に驚かされた事実です。 そんな絵本を真ん中に置きながら、人の心の優しさと親子の絆をテーマに、楽しく、そして少し切なく心に染みわたる映画を日本中に届けたい。大地さんの思いに共感し、映画製作の旗を揚げ、その歩みを起こしてみようと思いました。 剣淵町が「絵本」に夢と希望を託したように、私たちもこの映画に夢と希望を託し、北の大地・剣淵と、困難な状況を乗り越え新しい歩みをおこした被災地・松島が、一本の映画を通して支え合い、心をつなげたとき、大震災から立ち直るための新たな力も見えてくるはず。そんな確信も、私たちを動かす力になったのです。

映像一覧

キャスト

大地康雄
佐藤B作
中井貴恵
村田雄浩
小宮孝泰
中田喜子
小松美咲
井上正大
絵沢萌子
若村麻由美
板尾創路
手塚理美

スタッフ

監督
山田大樹
脚本
坂上かつえ
絵本原案
明川哲也
絵本原画・題字
あべ弘士
ゼネラルプロデューサー
深津修一
エグゼクティブプロデューサー
鳥居明夫、松本きい
プロデューサー
中山賢一
ポストプロダクションプロデューサー
篠田学

タイトル情報

ジャンル
映画邦画
作品タイプ
社会派・ヒューマン
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(c) 「じんじん」製作委員会

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す