父を探して

父を探して

  • アニメ
  • 2013
  • ブラジル

ひとりで歩き出すほんとうの世界

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

第88回アカデミー賞(R)長編アニメーション部門ノミネート! 2014年アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞(最高賞)、観客賞W受賞! ひとりで歩き出すほんとうの世界

あらすじ

本作『父を探して』(英題「The Boy and the World」)は、ブラジル・インディペンデント・アニメーション界の新鋭アレ・アブレウ監督による長編アニメーション。出稼ぎに出た父親を探しに、少年が広大な世界を旅するこの作品は、2014年のアヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル(最高賞)と観客賞を同時受賞という快挙を達成し、これまでに44の映画賞を獲得している。(2016年1月現在) 2016年2月のアカデミー賞(R) 長編アニメーション部門でも、スタジオジブリ『思い出のマーニー』やピクサーの『インサイド・ヘッド』、アードマン『ひつじのショーン』ら有名スタジオ制作の作品に混じって、南米勢としては初めて最終候補にノミネートされたことも話題に。 クレヨン・色鉛筆・切り絵・油絵具などを自在に使い分けた筆づかいは、まるで絵本に魔法がかけられたかのようで、自然な質感と滑らかなアクションが見るものを驚嘆させる。音楽にはブラジルが誇るパーカッショ奏者ナナ・ヴァスコンセロスが参加。また、高畑勲監督と宮崎駿監督にも影響を受けたと語るアブレウ監督は、多彩な動きや色で子どもを魅了するだけでなく、社会・政治・環境・経済といった大人の問題をテーマに掲げている。

映像一覧

スタッフ

監督
アレ・アブレウ
音楽
ナナ・ヴァスコンセロス
エンディングテーマ
Emicida「子どもの目に映るのは(少年と世界)」

タイトル情報

ジャンル
アニメアニメ映画
作品タイプ
社会派
製作年
製作国
ブラジル
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)Filme de Papel

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す