ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?

  • ドラマ韓流
  • 2016
  • 韓国

大人のためのHAPPY♡ラブコメディ!

タイトル紹介

最高視聴率33.5%! 2016年度ドラマ平均視聴率No.1!(TNmS全国リサーチ) 韓流TOPスター アン・ジェウク×「ロマンスが必要」シリーズ脚本家 子持ちシングルたちの新たな恋を描いて最高のトキメキと感動を贈るーー大人のためのHAPPY♡ラブコメディ!

見どころ

●安定した人気を誇る韓流TOPスター、アン・ジェウクの魅力がいっぱい! 韓流第一世代としてペ・ヨンジュンらとともに日本でも根強い人気を誇るアン・ジェウクが、「光と影」以来4年ぶりにドラマ出演!実生活でも一児のパパとなった彼が、2人の子どもを抱えたやもめ男に扮し、新たな女性に次第に心が揺れていく様子をスイートに好演! 2016年の“APAN STAR AWARDS”で、見事、男性最優秀演技賞の栄誉に輝いた! ●2016年度 韓国テレビドラマ 平均視聴率No.1!(TNmS全国リサーチ)圧倒的人気と共感を獲得した、大ヒットHAPPY♡ラブコメディ! 放送開始と同時に高い評価を受け、毎回、最高視聴率を塗り替えるほどに視聴率もうなぎ上りとなった本作。子持ちシングル同士の再婚ロマンスとともに、家族の絆、若い世代のラブや人生の悩みごとなどもきめ細かく描き、幅広い世代から圧倒的支持を獲得!最高視聴率33.5%を記録し、TNmSリサーチによる2016年度全国平均視聴率1位を達成した! ●「ロマンスが必要1,2」「抱きしめたい〜ロマンスが必要」脚本家による、極上のウェルメイド作品! 恋と仕事に生きる30代男女の姿を等身大で描いてシンドロームを巻き起こした「ロマンスが必要」シリーズ3部作の脚本家チョン・ヒョンジョンと、驚異の高視聴率44.4%を記録したファミリーコメディ「家族なのにどうして〜ボクらの恋日記〜」演出を手がけたキム・ジョンギュ。この2大ヒットメーカーの初タッグによる、笑いと感動あふれるウェルメイド作品の決定版! ●ベテラン女優ソ・ユジンをはじめ、本作で大ブレイクのイケメン俳優たちに注目! アン・ジェウクの相手役として、3人の子どもを抱えるシングルマザーを演じるのは、実生活でも第二子を出産し、2年ぶりの復帰となる「黄金の魚」ソ・ユジン。また、本作でオレ様なゴルファーを演じて大ブレイクしたソンフン(「オー・マイ・ビーナス」)、「風船ガム」で注目された新進のアン・ウヨン、多くのドラマに出演している人気俳優シム・ヒョンタク(「恋は七転び八起き」)など豪華イケメンスターの共演も話題に!さらに、「感激時代〜闘神の誕生〜」イム・スヒャン、「ああ、私の幽霊さま」シン・ヘソン、「美女の誕生」シム・イヨンなど、充実のキャストが結集! ●さまざまな世代のロマンスに全世代が共感!これぞ本当に見たかったラブコメディ! 亡き妻の家族と暮らす主人公は、再婚を願う実家の両親を気遣いながらも、2人の子どものよきパパ。一方、夫の浮気が原因で離婚したものの、3人の子どもたちには「パパはアメリカ赴任中」と信じ込ませている健気なヒロイン。そんな2人が仕事で出会い、次第に惹かれ、諦めかけていた再婚に向かって心揺れ始めるーー。ワケありの30代ロマンスを本音の部分も織り交ぜながら、ユーモラスかつハートフルに描写。同時進行で描かれる若い世代のロマンスからも目が離せない!毎回、涙あり笑いありのストーリーにハマる視聴者が急増し、全世代から熱い共感のエールを獲得した!

あらすじ

5年前に妻を亡くしたサンテ(アン・ジェウク)。現在は舅のミンホ(チェ・ジョンウ)、姑のオクスン(ソン・オクスク)と同居しながら、息子のスと娘のビンを育てている。一方、ミジョン(ソ・ユジン)は夫インチョル(クォン・オジュン)の浮気が原因で3年前に離婚。しかし、3人の子どもたちを傷つけまいとして、同居する祖母にも「インチョルはアメリカに赴任した」と嘘をつき続けている。そんな中、クリスタル・ファッションに転職したミジョンはチーム長のサンテと出会い、お互いに好印象を抱く。ひょんなことからミジョンが離婚した理由を知ったサンテは、弱音ひとつ吐かず健気に生きるミジョンを何かと気遣う。仕事やプライベートのトラブルを共に解決しながら、サンテとミジョンはしだいに惹かれ合っていくが…!?

映像一覧

お得なパック一覧

キャスト

アン・ジェウク
ソ・ユジン
シム・ヒョンタク
シム・イヨン
ソンフン
シン・ヘソン
イム・スヒャン
アン・ウヨン

スタッフ

演出
キム・ジョンギュ
脚本
チョン・ヒョンジョン、チョン・ハナ

タイトル情報

ジャンル
ドラマ韓国ドラマ
韓流
作品タイプ
恋愛・ラブストーリー
製作年
製作国
韓国
再生対応画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
Licensed by KBS Media Ltd.(C)2016 KBS All rights reserved

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す