ジャングル大帝

ジャングル大帝

  • アニメ
  • 1965
  • 日本

日本ではじめてのテレビ用カラーアニメ!!

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。詳細はこちら
視聴期間は7日間です。購入後30日以内に視聴を開始してください。

タイトル紹介

日本ではじめてのテレビ用カラーアニメ!! 白いライオン、レオを中心に大自然の中で繰り広げられる弱肉強食の生存競争や、人間と動物とのかかわりなどを描いた大河ドラマ。

見どころ

日本ではじめてのテレビ用カラー・アニメーションで、そのため色のつけ方ひとつひとつにも何度も試行錯誤が繰り返されました。また音楽もそのまま劇場用映画として転用できるようにと、最初から重量感のある大シンフォニーが用意されました。(いまでも日本のアニメ作品には実写映画よりも音楽に予算をかける傾向がありますが、それはこの『ジャングル大帝』の成功に倣ってのことです。しかしこの『ジャングル大帝』で試みられた、全編に渡ってオーケストラが画面を観ながら演奏して行く、というハリウッド式録音スタイルまでは真似できてはいないようです)手塚治虫がこの作品をアメリカに売り込みに行った時、向こうの担当者が「これがテレビアニメの音楽ですか!」とびっくり仰天した、というのも有名な話です。ちなみにアメリカでは『キンバ・ザ・ホワイト・ライオン』というタイトルでオンエアされ、人気を博しました。

あらすじ

ジャングルの王、白獅子パンジャは妻エライザを助けようとして、身代わりとなって死んでしまう。人間に捕らえられた妻エライザは輸送船の中で赤ん坊を産み、レオと名づけた。エライザはパンジャの血を引くレオだけは救おうと、嵐の中で沈み行く船からレオを逃がす。 白いライオン、パンジャとその子レオを中心にして大自然の中で繰り広げられる弱肉強食の生存競争や、人間と動物とのかかわりなどを描いた大河ドラマ。

映像一覧