秩父鉄道

販売終了未定

東武伊勢崎線との連絡駅・羽生を出た秩父鉄道秩父本線の電車は、市街地と農地が混在する地を西へ。各駅に丹念に停車しつつ行田市を通り、次の市街地が広がると上越新幹線をくぐり高崎線と合流して熊谷駅に到着する。 熊谷を出てJRと別れると、そこは荒川に近い。広瀬川原車両基地で車両を眺め、貨物線の三ヶ尻線が合流すると武川駅。さらに進めば関越道をくぐり八高線と並走しつつ東武東上線もやってくる寄居駅だ。八高線と別れると国道140号線と並行して走る。上長瀞~親鼻で渡る荒川橋梁は秩父鉄道随一の撮影ポイントだ。 線路は南に向かい、近隣で採掘された石灰石からセメント等をつくる工場や貨物駅を見て進む。御花畑駅の先では西武秩父線との連絡線が分岐。影森駅でも貨物線の分岐を見る。次第に山深い雰囲気が漂いだすと木造駅舎が待つ終点の三峰口駅に到着する。ここは車両が保存された公園もあり、さらに先、奥秩父への入口でもある。 都心からのアクセスも良く、ビジネスと観光と産業を支える秩父鉄道の魅力を堪能する。

秩父鉄道

440円〜

購入手続きへ

映像一覧