九州横断特急

販売終了未定

JR四国から譲り受けたキハ185系で運転される『九州横断特急』。その運転形態は、かつての急行『火の山』を特急に格上げした『あそ』と、さらには急行『くまがわ』をも統合した長距離運転だ。 列車は通常、2両編成で運転されるが、夏休み期間中のため1両増結した3両編成。別府を出た九州横断特急1号は別府湾ぞいに3駅、日豊本線を走る。高架化された大分駅からは豊肥本線の非電化区間に入り、大野川に沿って次第に山に分け入る。トンネルと鉄橋で難所を抜け豊後竹田からはさらに勾配がきつくなる。九州で最も標高が高い波野駅からは25‰の勾配で下り外輪山の壁を越えて阿蘇谷へ。2012年の水害から13ヶ月をかけて復旧した区間だ。宮地・阿蘇からは観光客も増えてゆく。赤水からは33.3‰の勾配を下り立野駅の三段式スイッチバックを経て肥後大津からは電化区間に入る。熊本駅では進行方向を変え鹿児島本線へ。九州新幹線とも接続し八代からは再び非電化の肥薩線へ。球磨川の流れに逆らいながら通称『川線』を遡り、くま川鉄道と石造りの車庫が出迎える人吉駅に到着する。別府・阿蘇・人吉と、九州の名だたる観光地をひと列車でめぐる九州横断特急の魅力を堪能!

九州横断特急

440円〜

購入手続きへ

映像一覧