僕ら的には理想の落語 第8話 職人ひねり

販売終了未定

カフェに入って来た誠司は、いつものテーブル席が空いておらず、仕方なくカウンター席へ。カウンターの寺門と美冬の間の席に座ると、それを見た和穏が口を開く。「間島さんみたいに真面目に見える人ほど、人には言えない特殊な性癖を持っている」。それを皮切りに、誠司の隠れた趣味について妄想を膨らませる和穏と上利。話が盛り上がった2人は、落語の演題『粗忽の使者』を誠司に重ねて……。 ・『粗忽の使者』とは 『粗忽の使者』とは古典落語の一つ。 そそっかしい粗忽者として評判の男が、大名の口上を伝える使者としてあるお屋敷へ訪れる。ところが肝心の口上を忘れてしまったからさあ大変。あげくの果てには「尻をつねってもらうと思い出す」と言いだし、試しにつねってはみるが、どうも力が弱くてうまく思い出せない。誰か指の力がある者はいないかと探すことになり……。

キャスト

妄想亭 万識
中島ヨシキ
妄想亭 和穏
伊東健人
妄想亭 上利
土田玲央
妄想亭 茸丸
榊原優希
師匠(ナレーション)
森川智之
桐生泰雅
TAISEI
碓氷蒼生
露口祐斗
間島誠司
綾切拓也
成瀬美冬
輝海
寺門雅嗣
杉江優篤
結城陽都
吉田大輝

スタッフ

落語監修
笑福亭希光
制作協力
シネフューチャー、共同テレビジョン
制作著作
ムービック

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
恋愛・ラブストーリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)ぼくらく

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す