僕ら的には理想の落語 第3話 眉丸の狐

販売終了未定

カフェでボーッとあらぬ方を見つめる万識。上利がその視線の先に目をやると、いつもクールな常連客の美冬が泰雅と笑い合う姿があった。ミステリアスで人を寄せ付けない雰囲気の美冬の懐に、人懐っこく飛び込む泰雅。狐と犬のじゃれあいか、はたまた、どう化かしてやろうか企む狐と獲物を狙う狼か。そんな風情の2人に、万識と上利が連想したのは落語の『王子の狐』で——。 ・『王子の狐』とは 『王子の狐』とは人間を化かすと言われる狐が、逆に人間に化かされてしまうという滑稽話。東京は王子にある、お稲荷さんの近くで、1匹の狐が人間の女に化けるところを男が目撃する。狐が自分を化かそうとしていると思った男は、逆に化かしてやろうと悪巧み。料理屋の“扇屋”に誘い込み……。

キャスト

妄想亭 万識
中島ヨシキ
妄想亭 和穏
伊東健人
妄想亭 上利
土田玲央
妄想亭 茸丸
榊原優希
師匠(ナレーション)
森川智之
桐生泰雅
TAISEI
碓氷蒼生
露口祐斗
間島誠司
綾切拓也
成瀬美冬
輝海
寺門雅嗣
杉江優篤
結城陽都
吉田大輝

スタッフ

落語監修
笑福亭希光
制作協力
シネフューチャー、共同テレビジョン
制作著作
ムービック

タイトル情報

ジャンル
ドラマ日本のドラマ
作品タイプ
コメディ
恋愛・ラブストーリー
製作年
製作国
日本
再生対応画質
高画質
標準画質
再生デバイス
パソコン
スマートフォン
タブレット
AndroidTV
FireTV
サービス提供
株式会社ビデオマーケット
(C)ぼくらく

もっと見たいあなたへのおすすめ

ジャンルから探す